日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケースジオラマ その1

基礎工事は終わりました。あ、「工事」ってほどすごいコトしてませんが(^^;

では位置決めしてバラスト撒いてみましょうか。
まずは位置決め。適当に位置を決めて接着してもいいのですが、プラ板をガイド代わりに貼ってみました。コルク道床が高さ4mmなのに対してカラーボードは5mm、少しでもバラストを節約する意味もありますが。カラーボード同士の接着はゴム系、カラーボードへのプラ板接着はアクリル系接着剤を使っています。


ココまでは誰でも出来ますわな(^^;




概ねココまでバラストを撒く、という位置に関水23-227側溝を接着し、いよいよバラスト撒きです。バラストはやはり関水の24-330明灰色を使います。やー、「KATO好き」だなぁ(^^;


適当に撒きましたがちょっと多過ぎますか?やってみないとワカランもんですな。
こうなるとひな壇タイプの方もやってみたくなってきました。ひな壇部分はホームにするつもりですが、5mm厚のカラーボードを張っても2mm程低そうなので1tプラ板を2枚重ねて嵩上げします。


2枚を接着後、プライマリーを吹いてからひな壇部分に接着します。位置決め用にプラ板とバラスト位置決め用に側溝も接着しておきます。また、ホーム下がケースボトム地肌の黒のままですので、1tプラ板を貼って隠しています。


今度は控え目にバラスト撒いてみました。ついでにターフも撒いてみましょう。


なんだかソレっぽくなってきましたねぇ(^^;
木工用ボンドを水に薄めたものをスポイトで垂らして接着していますが、浸透性が悪くダマになりやすいのであります。kazuさんがボンド水溶液に中性洗剤を混ぜた方がいいとコメント下さったのは表面張力を下げて浸透しやすくするためだったのですね。更に前もって濡らしておくのは呼び水として更に浸透性を高めるためなのでしょう。それでもバラストは頑張れば何とかなるのですが、ターフは「ダマになりやすい」ではなくて「ダマにしかならない」感じ。しばらくすると浸透するのですが、浸透する前にあらぬ方向に流れたりしてそりゃもう大変。こういった部分ってやってみないと理由が判らないですよね。

さて、ホームの端にレッドブラウンと黄橙色で色差しした手摺りを接着し、車輌を置いてみました。こんな情景に合う車輌といったらキハ40/47でしょうか。


ひな壇付きタイプと通常タイプを並べてみました。別に線路が繋がっている必要もありませんが、通常タイプのほうは塗装用に線路を取っ払ったままでした。いくら何でも良くないな(^^;


このケースは重ねておけるので、片付けるのも簡単です。


さーて、この先どうしていきましょうか。その前に木工用ボンドの乾燥を待たなければいけないのでした(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/24(土) 15:06:52|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<区別 | ホーム | 続々:ケース その1>>

コメント

お片づけが

積み重ねておけるって、ポイントが高いですよねぇ〜!そうか、その手があったかと。
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 01:49:37 |
  3. とりのさんぽ #hMuQai/I
  4. [ 編集]

参考になりました

ぼうずサン、こんにちわ。
この前の、ケース作り参考になりました。
今朝から早速作り上げましたので、近いうちにupしたいと思います。
本当に参考になりました。
ありがとう御座います。
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 06:44:59 |
  3. ヤマヤマ #-
  4. [ 編集]

バラストうまくいったようですね。KATOのバラストは細かく軽いので大変だったと思います。ターフはバラストと違って更に軽いので、スポイトで垂らして固定はむずかいいですね。私は木工ボンドの水溶液(少し濃いめ)をベタベタと厚く塗って、すぐにターフをまき、ボリュームが足りなそうなときはそこに水溶液を垂らして(1回目に塗った水溶液がターフに染み渡っているので、ダマになりません)更にまいています。こちらの方がやりやすいかも、一度試してみてください。この方法ではターフは上から振りかけるので、バラストのボンドが乾いてから出ないとできませんが。
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 07:01:22 |
  3. kazu #-
  4. [ 編集]

収納

>とりのさんぽさん

結構切実な問題ですよね。百均の200ケース(?)はパッケージにも「積み重ねておける」と書いてあったので「使える」と思ったのです。
組立式線路とは長さが合いませんが、線路を置けるスペースだけあけておいてシーナリーは配置してしまう、というのもアリかも知れません。撮影なり遊ぶ時だけ線路を敷いてやればいい、という発想です。このくらいの大きさだと敷居が低くて作業もやりやすいです。作業はやりやすいけど発想が貧困なので、この先どう進めれば良いかアイデアが浮かばないんだよな(^^;
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 11:23:17 |
  3. ぼうず #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お手軽

>ヤマヤマさん

意外とお手軽ですよ。失敗してもベースの部分は200円だし、ワタシのようにヘタクソでも何となくそれなりに見えるのがうれちい(^^;
是非やってみてくださいな!
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 11:24:52 |
  3. ぼうず #mQop/nM.
  4. [ 編集]

オドロキ

>kazuさん

関水のバラストは細かいのですか、知らずに使ってました。それでも思ったよりも「ダマ」になりませんでしたが、やはり洗剤を混ぜた方がいいのでしょうね。
一方でターフには難儀しました。そか、先にボンドを塗っておくのですか。今回は下がプラ板だったので先に敷いてからボンドを垂らしましたが、次回は厚紙でも敷いてからその上にボンドを塗ってターフなりカラーパウダーなりを振りかけてみようと思います。

しかしこんな小さな、「モジュール」とも言えないジオラマにもかかわらずかなりの苦労がありますね。kazuさんが作っている規模を考えると「凄い」としか言いようがありません。やっぱり尊敬しちゃうなぁ。
  1. URL |
  2. 2007/02/25(日) 11:34:31 |
  3. ぼうず #mQop/nM.
  4. [ 編集]

思い立ったら

仕事が早いですね。見習わなければ・・・・。(^^ゞ
ぼちぼち自分もとっかかるかなぁ~?
  1. URL |
  2. 2007/02/26(月) 11:20:11 |
  3. ゆ~くんぱぱ #-
  4. [ 編集]

モジモジ君

やー、ココまで来るのにどれだけかかったコトか....これからも遅々として進まないような気がします。
ま、マイペースでボチボチやっていこうかと(^^;
  1. URL |
  2. 2007/02/26(月) 22:06:50 |
  3. ぼうず #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://boseskinhead.blog2.fc2.com/tb.php/583-4af390ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

03| 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。