日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

419系 その3



[金沢駅]

この419系、余剰の581・3系を改造したものなのです。581・3系と言えば電車寝台として有名な車輌で、「はつかり」などに使用されていた。今でも寝台急行「きたぐに」や臨時列車として細々と運行されていたりする。
寝台が3段のため屋根が高くて窓が小さいのが特徴で、改造後もイメージはそのままである。一昨日の写真はオリジナルの制御車、昨日の写真は中間車輌に運転台を設けたものである。同様の改造をされた113・5系もあるようだが、屋根が高いこともあって印象はだいぶ異なる。
特異な存在ですよなぁ。鉄月間の最後を締めくくるのに丁度いいかも(^^;

今月は鉄月間としていろいろご紹介してきたが、結局普通運行されている新性能電車のホンの一部しか紹介できなかった。書いていて楽しいし、またやるかなぁ(^^;
スポンサーサイト
  1. 2006/02/28(火) 07:48:56|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

419系 その2



[金沢駅]

同じ419系でもこんな顔もいる。何とも間が抜けているというか無理矢理顔をくっつけたというか....
  1. 2006/02/27(月) 21:25:35|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

419系 その1



[金沢駅]

ここにしかいない419系、この存在は衝撃的であります。今までご紹介してきた形と全く異なっているのがわかるだろうか?鉄でない方でも電車を待っていてこんな車輌が来たらちょっとビックリするのではないかな?
  1. 2006/02/26(日) 17:52:20|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

471系



[金沢駅]

少し前にご紹介した60Hz対応の471系であります。もう型式見ないと判りません。鉄を極めれば判るのかなぁ?馴染みの無い場所を走っている車輌は判りませんなぁ(^^;
  1. 2006/02/25(土) 01:51:35|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

457系



[大分駅]

455系と外観は変わらないが50・60Hz両方に対応したのが457系。写真はシールドビーム化されていないデカ目、最近はデカ目を見る事も少なくて、それだけで嬉しくなる。昨日ご紹介した455系もデカ目だったが、山陽付近にも113・5系デカ目が多くいる様子。関東で見る事はまず無いので羨ましい限りである。

ちなみに先日からご紹介しているのは基本的に急行型であって近郊型ではない。急行が事実上無くなった現在においては近郊型として使われているのでご紹介している次第である。こんなのが走っている地域の方々、結構お得なんですよ(^^;
  1. 2006/02/24(金) 17:44:58|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

455系 その3



[金沢駅]

北陸本線にも455系は進出している。塗装が異なるだけで基本は一緒。

今日もウンチクを続けるか(^^;
113系だとか455系だとか書いているが、形式には基本ルールがある。
1桁目は交流用か直流用か交直両用かを示す。1~3が直流、4~6が交直両用、7・8が交流。9は試作の場合につけられる事が多い。
2桁目は0が通勤用、1~3が近郊用、5~8が特急・急行用。3桁目は順番で付けていく感じ。ただ、113系でもモハ112とモハ113がセットで使われているように、隣り合った奇数・偶数の組み合わせが使われる。だから○○○系と標記した時の下ひと桁は奇数になる。
あ、コレ新性能電車の場合ですからねー(^^;
  1. 2006/02/23(木) 08:14:19|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

455系 その2



[会津若松駅]

磐越西線は東武と競合しているせいか、ローカル路線にしては珍しく特徴をもった車輌が多く走っている。その中で快速に多く使用されているのが455系で、磐越西線色の塗装が施されている。写真は車輌の半分がグリーン車になっているクロハ455-1、ちょっとだけ珍しい。

昨日下らんウンチクを書いたので今日もちょっと。以前、交直両用の形式はややこしいと書いたが、急行型もややこしい。この451系は50Hzのみ対応で、60Hzに対応させたのが471系。パワーアップして453・473系、抑速発電ブレーキを付けたのが455・475系。1969年に登場した50・60Hz両方に対応したのは457系。うーん、何とかならんものか(^^;
  1. 2006/02/22(水) 07:50:22|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

455系 その1



[黒磯駅]

ワタシの趣味から古い新性能電車ばかりご紹介している。あ、「古い新性能電車」ってちょっと変な表現ですか?(^^;
鉄の世界で「新性能電車」というと旧国鉄のカルダン駆動車を指す。や、解釈によっては私鉄も指す場合もあったりして異議を唱える方もいるかもしれないが、一般には101系以降の車輌を指す。これに対して吊り掛け駆動の車輌を「旧性能車」という事があり、元祖湘南電車(80系)や主にチョコレート色に塗装された通勤型電車(70系以前)と区分されるワケ。
新性能電車の魁となった101系は1957年の登場だから約50年前であって決して「新」ではないし、これまでご紹介してきた車輌も初登場から40余年過ぎている車輌であり、もはや「古い」のであります。最新だとE231系なんて事になるが、トシとったせいかなんか好かん。あ、ハナシがそれた(^^;

今は殆ど無い「急行」だが、旧国鉄では「急行」が多く走っていた。当然急行用車輌というのも存在していたワケであります。急行が無くなって久しいが、この急行用に使用されていた車輌がローカルでは普通列車運行にも利用されていたりしてマニアにはたまらないワケです。
この455系ももともと東北本線の急行に使用されていたもの。仙台色と呼ばれる塗装になっているが、個人的には小豆色にクリームの帯を巻いていた姿が脳裏にこびりついている。あ、457系だったかも知れないけどね(^^;
  1. 2006/02/21(火) 18:21:21|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

415系 その3



[金沢駅]

こちらは七尾線用415系。塗装も違えば生い立ちも異なっているはず。七尾線電化の際に、113系をベースとして485系の整流器を移植して415系に改造したと記憶しております。
北陸本線は改造車輌が多くて楽しい。他にも好きな車輌が走っているが後日ご紹介しよう(^^;
  1. 2006/02/20(月) 17:42:26|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

415系 その2



[金沢駅]

113系の顔を持った415系の北陸色。正確に言うとこの先頭車は411系であります。見慣れていない塗装だと型番見ないとワカラン(^^;
写真をよく見ると2つドアのような....もう一度北陸地方にゆっくりと乗り鉄・撮り鉄に行きたいもんですな。
  1. 2006/02/19(日) 20:33:53|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

415系 その1



[上野駅]

昨日・一昨日と紹介した401・3系と全く同じ顔を持つ415系もあるが、それを紹介しても飽きられそうなので1986年に登場した1500番代以降ものをご紹介。211系をベースにした顔となっている。
違うのは外観だけで、中味は殆ど同一、ヤヤこしい。一部2階建て版もあるそうだが見た事は無い。うむ、ワタシの鉄もたいした事ないなぁ(^^;
  1. 2006/02/18(土) 21:35:57|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

403系



[上野駅]

型番は403系だが、昨日ご紹介した401系と外観の変わりはない。以前ご紹介した113系も原形となる111系と大きな違いが無いのと一緒である。首都圏だと常磐線で401系、403系、415系が入り乱れて使用されている。
なお、白に青の塗装になる前は小豆色ベースで前面にクリームの帯が巻かれた塗装だった。交直両用というとそちらのイメージが強いワタシはトシとってる証拠(^^;
  1. 2006/02/17(金) 07:47:10|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

401系



[上野駅]

交直両用車は体系がややこしい。101系や153系で確立された新性能電車の技術を基本として交流50Hz区間も走れるように整流器を設置したのが401系である。そのパワーアップ版が403系、交流60Hz対応のものが421・3系、50・60Hz両方に対応させたのが415系となっている。
が、一部の415系を除いて大きな外見の違いはない上に、先頭のみ401系、駆動車は415系などのように混成されることが多くてワケがワカラン。この写真も撮った後に型番を確認しに行った(^^;
  1. 2006/02/16(木) 07:44:00|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

113系 その5



[成東駅]

ドコにピン合わせてるんだよ、という感じだけど113系2つ。左が総武本線経由銚子行き。右が成東線・外房線経由千葉行き。
違いが判りますねー。そう、正面の行き先表示指示の背景色が異なるのです。紹介順に言うと、
外房・東金線:赤
成田線:緑
内房線:紺
総武本線:黄
となっている。芸が細かいなぁ。車輌自体は同じものを使用しているので、乗り換える時に少しでも判るようにという配慮かと。
  1. 2006/02/15(水) 08:00:18|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

113系 その4



[千葉駅]

千葉の113系特集。これは内房線に使用されている。昨日、一昨日と微妙に違うのですよ。

しかしバレンタインデーでも鉄ネタですなぁ。これじゃヲタと言われてしまふ(^^;
  1. 2006/02/14(火) 17:38:48|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

113系 その3



[成田駅]

これも千葉県内の113系だが、違いがわかりますか?ちなみに成田線経由銚子行き。
  1. 2006/02/13(月) 21:50:19|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

113系 その2



[千葉駅]

113系といえば忘れて困るのが地元千葉を走るスカ色。もともと横須賀線を走っていたので「スカ」色、今は横須賀線はE215系なので、ステンレス車輌にスカ色がイメージされるクリームと紺の帯を巻いた味気ない車輌が走るのみ。ステンレス車輌は軽量化されたうえ塗装コストも抑えられていいのかも知れないが、味気ないよなぁ。
ちなみに写真は外房線。千葉県内近郊型は総て113系だが、ある部分が微妙に異なる。
  1. 2006/02/12(日) 19:09:41|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

113系 その1



[東京駅]

115系ばかり続けていたが近郊型つながりで113系、しかも湘南色。一昨日ちょっと触れたが、大幹線である東海道線で使用されており、馴染みが深い。115系湘南色との塗装の違いもわかりますよね~。
形が同じでも塗装が違うと印象はだいぶ変わる。鉄の深さ、判ります~?(^^;
  1. 2006/02/11(土) 23:59:59|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その6



[岡山駅]

湘南色は関東付近だけでなく東海から中国にかけても生息している。地区によって多少の改造が施されている場合があるが、かなり大掛かりな改造といえばコレ。
一般に113/5系といえば3ドアだが、西のほうには2ドア化された3000番代なんてのもある。車内はこんな感じ。


勿論乗りましたとも(^^;
  1. 2006/02/10(金) 18:06:40|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その5



[高崎駅]

関東で近郊型車輌のポピュラーな塗装の一つといえば湘南色で、80系「湘南電車」で人気を不動のものにした。関東で113/115系といえば湘南色だが、113系と115系では前面の塗り方が若干異なる。こんな細かい細工が鉄にはタマラナイのよ。
ってか、鉄にとってはこれほど大きく違っていれば決して細かいと言わないんですけど(^^;
  1. 2006/02/09(木) 23:51:46|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その4



[岡山駅]

同じ115系でも西に行くと多くのバリエーションがある。これは岡山地区リニューアル車。更に瀬戸内色や広島地区リニューアル車などもあるが、時間の都合で撮り鉄出来なかった。残念っ!

しかし、昨日もそうだけど写真がトビ気味ですなぁ。ウデ無いなぁ(^^;
  1. 2006/02/08(水) 18:48:42|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その3



[立川駅]

115系が続いたので異なる塗装をご紹介。これは長野色、同じ115系でも塗装が違うとイメージが変わる。
  1. 2006/02/07(火) 07:39:50|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その2



[越後湯沢駅]

昨日同様115系なのだが、これは第3次新潟色。緑帯から青帯となっている。
面倒なので昨日と同じ位置から撮っているが、こちらはマニアにはあまり好まれない最後尾の車輌を撮ったいわゆるケツ撮り。理由がわかるアナタ、鉄だねぇ(^^;
  1. 2006/02/06(月) 18:38:40|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

115系 その1



[越後湯沢駅]

近郊型として未だ絶大な勢力を誇る113系シリーズの山岳路対応した115系。多少の違いはあれど、ガワとしては内房線で走っている113系と殆ど同じ。登場したのが1963年なのでもう40年以上たってるんですねぅ。
内房線がスカ色と呼ばれる塗装なのに対してこちらは第2次新潟色。第1次は朱色と黄色の派手な塗装だったが、第2次はだいぶ落ち着いた色合いである。
  1. 2006/02/05(日) 18:02:09|
  2. JR近郊型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

681系(はくたか)



[越後湯沢駅]

越後湯沢つながりで、昨日ご紹介した485/9系の後継として登場した681系の「はくたか」。「サンダーバード」や「しらさぎ」にも使われている車輌の色違いバージョンである。この時はこれに乗って金沢に行ったと記憶している。
北陸では485/9系と並んで非常にポピュラーな車輌、千葉県人には珍しいけどね。
  1. 2006/02/04(土) 13:08:34|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

489系



[越後湯沢駅]

房総では春の声も聞こえてくるが、全国的にはまだ冬。季節感のあるシーンはこんな所か。ボンネット型489系「はくたか」、ゴツイ感じが貫禄充分で、貫通型に較べて人気が高い。
重厚感漂ってるよなぁ。ワタシも大好きな車輌の一つです。
  1. 2006/02/03(金) 07:52:27|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

485系ニューなのはな



[館山駅付近にて]

2004年の2月、房総半島を走り回っていた時の1枚であります。左から「びゅーさざなみ」に使われている255系、多分「お座敷内房号」として使われていた485系「ニューなのはな」、今はもう引退した「さざなみ」に使われていた183系の3ショットを留置線で撮ったもの。

最初は房総らしい1枚を、と思ってこの写真から鉄月間スタート。「ニューなのはな」じゃなくて165系「なのはな」ならばもっと雰囲気が出たかもしれないが、そんな古いのはアリマセン(^^;
  1. 2006/02/02(木) 18:34:13|
  2. JR特急型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作ったはいいが....

HP上に2006年の設営記録のページを作ったはいいが、マトモなキャンプをしていないので更新はお預け。ご存知の方も多いと思うが、野遊びはしてるんだけどねー。ま、野遊び=キャンプでない所がワタシのヘソの曲がったトコ、初回の「キャンプ」はいつ、どこだろう?2月も鉄三昧の日々を過ごしそうだし、キャンプするかどうかは不明。

ネタも無いしまずいなぁ....あ、2月は鉄三昧?ならば過去の写真を引っ張り出し、ブログにて鉄展覧会でもしませうか。しっかり新しいカテゴリ作ってるし(^^;
  1. 2006/02/01(水) 20:52:49|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

01| 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。