日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BLOG

先日ちらっと書いたけど、BLOGのカテゴリーを増やしてみた。

ってか、BLOGってあんまり理解してないんだよね。所詮日記としてしか使っていないんだけど、世の中には見事に使いこなしているヒトもおられるようで、そんな方々はヘタなHPより見栄えがよくてコンテンツも充実。ま、BLOGであることとコンテンツが充実してるコトはカンケーないんだけど、シッカリしたBLOGを見るとかなりビクリ。
ワタシの場合は古いタイプの人間なのか、どうもHTMLベースで作り上げないと見栄えがしない気がする。それでもこの程度のHPかっていうアナタ、まさに正解。それでもこの程度なんだから、限られた部分しかいじれないBLOGで見事なページを作るなんてコトは到底不可能。
カテゴリーを増やしたのは、ホントにここに書くかどうかは別として、HP上では取り上げなくなった自力移動系の簡単なレポも載せようかと思ったため。ついでにデザインもちょっとだけ変更。求めるイメージが無いもんで、コレで満足かと言われると返答のしようは無い。

まいっか、HPも含めて所詮自己満足の世界。ネタも無いけどオチも無い、そんな状態でも運用を続けてれば何かの足しにしてくれるヒトがいるだろ、きっと。
って、そんな奇特なヒト、ホントにいるんかい(^^;
スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 22:30:32|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続:チャリ屋

ココのトコ続いてるチャリツーのハナシなんぞしながらまたチャリ屋でウダウダ。
「120キロ位までは通常の延長線上って感じがするんだけど、坂はやっぱり苦手なんです。平地でインナートップで走れる位の基礎体力付けてから坂の練習したらどうかと思うんですけどいかが?」
「基礎体力という点では間違ってないけど、インナートップで巡航出来るのと坂は全く関係ないかな。」
「でも基礎体力ないとしんどいんじゃないかと。」
「だってフルマラソンを2時間10分で走れる人に100メートル10秒で走れって言ったってムリでしょ?そこまでの違いは無いけど、高速巡航と坂登りはかなり異質ですよ。」

あらら、そうか。もう少し平地走ってから坂にチャレンジと思ってたけどそういうワケではないのか。

じゃ、話題変えてチャリについて。
「先日薦めてもらったチャリを買ったあと、今使ってるチャリをカミさんに使わせて一緒に走ろうと思うんだけど問題無いよね?」
「ムリ。」
「へ?」
「新しい自転車の方が抵抗が少ないんで当然疲れにくいんです。しかもこの前の自転車って今乗ってるのよりグレードは上なんで更に疲れにくい。そこそこ体力ある人が疲れにくい自転車に乗り、初心者が疲れやすい自転車に乗るってヘンだよねぇ?どうしてもアナタのペースで走っちゃって、『こんなに辛いのもうイヤ、もう乗らない』となりがちです。」
「えー、でもそんなに走る気無いんですけど。せいぜい片道30キロ位かな?」
「ホラ、その時点でもう違うんです。ウチに来るお客さんの中で、アナタよりもいい自転車に乗ってる人はワンサカいます。でもそんな自転車に乗ってても合計30キロ走るって結構なコトなんです。それを片道30キロ、往復60キロでしょ?そりゃ奥さん音を上げますよ。」
「えー、だってワタシだって乗り始めて2ヶ月位の初心者ですよ。そんなおかしくないと思うけどなぁ。」
「確かに自転車屋に言わせるとアナタが走ってる距離っておかしくないですよ。ただねー、お客さんの平均レベルからいうとだいぶおかしいかな。歩いてるって言ってたからそこそこ体力はあるだろうと思ってたけど、よく走るなーって感じかな。」
「あらら。じゃ総合的に考えるとカミさんでも楽に走れるような新しいMTBかクロスバイク買った方がいい?」
「余裕があればね。」
「予算は?」
「10万。」
「金かかるなぁ。でもそれ買ったとしたらサイズ的に多少我慢すればワタシも乗れて、林道走りに行けますよねぇ?」
「我慢すればね。まぁ今でも小さいサイズに乗ってるわけだし。でもこの前薦めた自転車でもフツーの4駆が入るような林道なら十分走れるよ。」
「へ?そうなの?その程度のトコしか今の所考えて無いんだけど。」
「じゃ、この前薦めたので十分。」
「だとするとカミさん用に買うのはMTBじゃなくてクロスバイクですなぁ。クロスバイク買うとしても予算は一緒?」
「うん、10万」

やー、金かかるなぁ。今までそんなに金かからなかった分、一気に来そうな予感。参りました。

「ま、いきなり買わないで10キロ位から走ってみて、それで乗るようなら買うという感じかな。」
「それがいいでしようね。」

ヨシ、来年は下の娘も小学校。多少は時間に余裕も出来るだろうから、その頃にカミさん用チャリ購入出来るよう練習させつつ金貯めよっと。


あ、その前に自分の自転車買う金が無いや(^^;
  1. 2005/08/30(火) 22:01:30|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツーリングバイク

現在お下がりのMTBをツーリングに使ってるけど、飽きっぽいワタシでもどうやらそこそこ続きそうなカンジ。ってなワケでライトについて聞きたいコトもあり、会社帰りにチャリ屋を覗いてみた。
「ワタシの使い方で新しいチャリ買おうと思ったら予算はどの位考えておけばいいですか?」
「ズバリ10万」
「ちなみにどこのメーカーのどんなヤツですか?」
「ココのコレです。」
「へ?他に候補は無いの?」
「無いです。」
「なんで?」
「アナタの求めるようなチャリは、人気のないスキマ商品なんです。ツーリングって今はMTBに細いタイヤ履かせて使う人が殆どなんです。」
「ワタシもそうですねぇ。」
「ただねー、アナタの場合は長距離移動が殆どの使い方なんだから、ドロップハンドルのランドナータイプがオススメだし、そっちの方が楽に速く走れます。」
「そんなモンですか?」
「そんなモンです。オススメはコレしかない、ってのも考えなくていいでしょ?」
「やー、ちと寂しいしツマランですねぇ。他に候補はないんですか?」
「無くは無いけど、他社製だと同じレベルで3~4万は高くなりますよ。」
「そーなんですか?」
「そーなんです。」

ふむ、毎回キッパリとしたモノの言い方で(^^; そこまで言い切られるとそう思えちゃうなぁ。
ま、新しいチャリを買ったとしても今使ってるのはキチンと整備してカミさんに使わせるとか、タイヤ替えて千葉県内の林道探索に出かけるなんてコトはしたいわけで、そういう意味ではオススメのバイクを買うのもありなのかも。

ついでに聞きたいことも教えて君。
「あ、夜間走行しないつもりだったんだけど通勤に使うと夜間も走らないとイカンことになりまして。ライトってどの位要ります?」
「後ろは1つ、前はドコ走るかにもよるけど好み。」
「後ろ1つでいいですか?」
「ま、好みですが、1つあれば十分です。あとは反射素材みたいなモノを組み合わせれば基本は十分です。」
「前は?」
「どこ走るかによるんだよねー。」
「都内は葛西橋通り付近、郊外はR357。幕張付近が暗いなぁと思ったんだけど、周りが見えないわけじゃないんですよねー。」
「じゃ、今のままでいいんじゃない?真っ暗なトコ走る時はそれなりに注意すればいいわけだし。」
「点滅させた方がいいんですか?」
「前の点滅は歩いてくる歩行者に存在を知らしめるためだから、R357の車道を走るんなら点滅は不要ですよ。」

ふーん、そうか。毎度の事ながら切れ味いいですなぁ。しかし商売っ気が無いと言うか、買う気満々で行ってるのに話だけで何も買わずに帰ってきた。

帰ってから貰ってきたカタログ見ながらニヤニヤ。うー、いつ買えるのかなぁ。年内はムリかなぁ(^^;
あれれ、しっかりハマってるの(^^;
  1. 2005/08/29(月) 20:06:35|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小滝沢チャリツー

先週1日に120キロ走れるコト判ったんで、今週末は小滝沢へチャリツー。自宅から直に行くととても1日で走れる距離じゃないけど、得意の浮島からだと120キロ弱。ってなわけで、やってみたかった輪行で金曜日中に浮島入りし、土曜日1日かけて小滝沢に行く計画とした。

金曜晩、佐原まで輪行。BPより少ない気はするだけど、それでも積んでる荷物全部を手に持つと結構な量。

佐原のさなぎ

駅降りるのも苦労。駅員さんには「ストリートパフォーマンスの人?」なんて言われるし(爆 駅前でさなぎを羽化させる。

羽化しました(^^;

佐原駅から浮島まではコンビニ経由で14キロほど。先週は涼しかったけど今週は暑く、汗だくで到着。無人のサイト、芝に張ると濡れるんで通路にバックパック張り(^^;

浮島バックパック張り(^^;

朝は5時半出発、県道を走るが調子が出ない。途中の鉾田で祭りの準備してた。こーゆーの見ながら走るってのもいいねぇ。

祭りだー!

R51に出たらペースも上がる。国道はいいや。R245に右折、楽しみにしてた日立電鉄は今年3月末で廃線になったそうな。写真は終点の鮎川駅跡。隣を常磐線が走る。415系もあと僅かの命なんだろうなぁ。なんか感傷的になってたら雨が降ってきて駅前であがるのを待つ。

残るものも先は短し....

30分程待って出発、高萩では鉱泉の滝の湯に入り、いつもの買出しポイントのスーパーへ。

ここまでは良かったのよ....

買い終わって走り出したら雨。やー、参ったなぁ。コンビニで雨宿りするも上がる気配無し。少し小降りになったのでカッパ着て小滝沢への坂を登る。ここまで約110キロ、今のワタシの体力ではそれだけ走ってから登る坂じゃアリマセン。暗くなってるし、雨は相変わらずだし半ベソ状態。花貫ダム管理事務所で力尽きた。一休みして最後の坂の寸前までは走ったけど、そこでまた力尽き、あとはバックパック。どうせ真っ暗でガスってて走れなかった。
そんな苦労して着いた小滝沢は満員状態。なんじゃこりゃ!四阿には人がいたけど隣が空いてたのでちゃっちゃと設営。なんだかなー、苦労してこれかい。翌朝数えたらワタシのテント含めて12張り(除ST)。

この時期、しょうがないんでしょうなぁ

チャリで帰ってこようかと思ってたけどすっかり気持ちが萎えて高萩から電車で帰った。

やっぱり荷物多い(^^;


ま、色々あったけど初めての体験も多くて勉強になったツーリングだった。今回の走行は145キロ、短いけど距離じゃないなぁ。
チャリツーにしても輪行にしても奥が深いねぇ。野遊びっていいわ(^^;
  1. 2005/08/28(日) 20:00:18|
  2. 自力系顛末記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリンコ

最近すっかりチャリンコネタばっかり。出撃予定もチャリツーばっか、ハマってるつもりはないんだけどそう見えても致し方ない集中ぶり。

とはいうものの、キャンプとか野営って設営経験がモノをいうと思うけど、チャリンコなりBPってのは経験プラス鍛錬。体力あって出来るものだから、怠けてしまうと走れなくなるのではないか、歩けなくなるのではないかという心配がアリ。そんなわけで、先日120キロチャレンジで得た経験と体力を早く自分のモノにしたいという気持ちが強くてチャリツーを集中させてる。ま、走らなきゃ体力は落ちていくワケで、集中させてもお気楽キャンプ続けてれば走れなくなっちゃうんだろうけど、一度体力を向上させておけばチャリ通勤でキープするコトは可能だと思うし、今のうちにチャリツーのノウハウを蓄積しておけば冬が来てからも雪中の合間にチョコチョコと遊べるかなぁとか。

やー、でもハマってるんだろうなぁ。このBLOGも「贋自転車愛好者」なーんて新しいカテゴリー作っちゃったし。それよりも....ちゃーんとチャリ関係の物欲がハマってるコトを証明してるか。

まいっか、それじゃ今週もちと走りに行ってきま~す(^^;
  1. 2005/08/26(金) 18:49:06|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100キロ

チャリツーで大きな壁だと思っていた100キロも思った程大きくないコトが判りまして。なーんて、まだ100キロ超のツーリングを1度しかしてないのにナマイキだ、というアナタ、当たってます(^^;

とはいうものの、合計100キロを超えるチャリ通勤、50キロ走り、暫く休んでまた50キロ走る分には想定の範囲内であると言うコトを経験したコトが大きな自信になってるのは確か。平地150キロ位までならこの延長線上じゃないかなぁ。

但し現状での問題点は基礎体力。先日のチャリツー、2日目の可愛らしい千葉の丘や3日目の利根川CRの断続的な向かい風で脚が止まるという情けなさ。心拍数が早々に上がり切ってしまう。コレはテクニックとか精神力でなく基礎体力不足かと思う。平地ならアウタートップで走るだけの脚力が必要なんじゃないかと。ま、コレは走り込むしかないんでしょうなぁ。長距離チャリツーではこの2つは避けて通れないだけに、週1度は100キロ超のツーリングなり通勤なりをして基礎体力を上げるしかないかと。
回復が遅いというのも回復力の無さかと。2日目も風さえ無ければ100キロ近く走れたと思う。但し問題はその翌日以降。脚の重さがなくなるのに3日位かかったし、腕の腱の部分も何となく筋肉痛。3日間続けて120キロ走るためにはやっぱり基礎体力が必要。走るしかないんだろうなぁ、と思いつつもそれ程大それた目標でも無い気が。WEB上で探すと150位は平気で走るヒトはゴロゴロいるみたいだし。

あ~あ、早く坂も登れるようになりたいもんですなぁ。あ、その前に減量か(^^;
  1. 2005/08/25(木) 23:40:20|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉体の神秘

BP、チャリツーといった自力移動系幕営を行なっていると、自分の身体ながら肉体ってフシギだなぁと思うコトがしばしば。

まずは適応能力。動き始めてから最低30分は休憩を入れないなんてのが一般的に言われてるらしい。身体が運動を続けるんだと判断して活動モードに切り替わるのが30分弱、その前に休憩してしまうと活動モードに切り替わりづらいんだとか。確かに早く休んじゃうとどうもペースが上がらない。
そんな短期的なモノばかりでなく、一度辛いコトを経験すると次は初回程辛くなくなってしまうというのも一つの適応能力かも。辛いのは辛いんだけど、初回程は苦しくない。チャリ屋に「慣れて下さい」と言われた事も、次回のチャレンジではすっかり慣れてしまって「そういえばそんなんだったなぁ」と思う始末。ワタシがおバカなだけかも知れないけど、バカもたまには役に立つってコトかな(^^;

身体の水分なんてのも不思議の一つ。汗かき始めはしょっぱいんだけど、そのうち味が無くなってくる。しょっぱくない汗がいい、というハナシも聞いたコトあるけど、ホントにそうなのかなぁ?ミネラル分が抜けるとそれ以上抜けないように生態防御機能が働いてるんじゃないかと思う。BPの時、水で水分を補ってると汗の味が無くなってきたけど、チャリツーの時にスポーツ系飲料で水分補給してるといつまでもしょっぱい汗が出てくる。逆にいうとミネラル分って必要なんだなぁと。
水分っていうともう一つの排出ルートは尿。メシ食いながらこんなん読んでるヒトはいないと思うけどちとゴメンナサイ。歩きだとそれほど感じないけど、チャリで走ってると尿が濃くなって量も減るんですな。ま、これは容易に想像出来るコトなんだけど、水分補給してもすぐにいつもの濃さには戻らない。チャリツーから戻った翌日夕方位になってからようやくいつもの濃さ・量になるって感じ。更に言うと大の方はというと....以下自粛(^^;

運動中だけじゃなく、運動していない日も多少変化。基礎代謝が上がったせいかやたらとハラが減る。動いていなくてもエネルギー消費量が上がってる、通常生活中であっても燃費が悪くなってると言うコトだろうからその分食ってもいいんだろうけど、こちらはちと不安。食う量は押さえ気味にして更に油ものをちょっとだけ控えたりして。うーん、気分だけは健康的。

運動してるヒトにはアタリマエかもしれないけど、これまで1日8時間とか10時間も続けて汗をかき続けるような運動は殆どしてこなかったワタシ、へーって思うコトが多い。歩いたり走ったりしてる最中は辛いコトが多いんで、そんなコトばっか考えて気を紛らわせてる、というのもあるんだけどね(^^;
  1. 2005/08/24(水) 20:37:58|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利根川サイクリングロード

先日利根川の堤防の上に続く利根川サイクリングロード(K404)を走ってきた。街中を走るコトはあってもCRは初めて、色々と発見があって面白い。

当然といえば当然だけどコンビニが無い。ま、土手の上にフツーは作りませんよなぁ。ってワケで、ちょいとちめたいスポーツ飲料が飲みたいとか、ちょいと小腹が減ったので軽く補給したいと言ってもムリ。周りは見渡す限りの田畑、運良く土手の下に自販機を見つけたとしてもそうそう降りる道は無いから引き返すか行き過ぎてCRから抜けるか、土手を無理矢理降りるかしないと涙を飲んで別れを告げるしかない。

また視界を遮るものが無いので大変眺めがよろしい。裏を返せば日差しを遮るものが無いんで、夏の晴天時は地獄。更に風が吹くと天国のコトもあれば地獄のコトもある。先日は両方味わいさせて頂きました。どうも地獄の時間の方が長かった気がするけどねー(^^;

ってなワケで、水はしっかり持った方がいいし、日除け対策も時期によってはしっかりした方が良さそう。多分CR全般に言えるコトなんでしょうなぁ。
BPで歩いてみたい気もするけどちと飽きそうな気も。どこでも幕営出来そうなんでその点は楽なんだけど、風呂だの補給を考えるとちとしんどい。先日は向かい風に悩まされて途中ちょっと歩いたりしたけど、気分が変わってなかなか楽しかった。うむ、チャリツー+BPなんてのもアリなのかもしれないなぁ。
  1. 2005/08/23(火) 21:11:21|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガソリン

車、チャリンコにかかわらず、あちこち走り回ってるとガソリンの値段にムラがある事に気付く。いきなり高くなったりいきなり安くなったり。どうしてでしょう?多分、元売と小売の力関係なんでしょうなぁ。元売側としては価格を維持したいし、小売側としては少しでも客を引き付けたい。
さらにややこしいのは表示価格と実際の価格の差。「会員価格」って書いてるトコは大抵実際の価格の方が高い。ところが「会員価格」って書いてないにもかかわらず表示価格より高いこともあれば安いこともある。こうなったらもうワケ判らんですな。

ちなみに前回の遠征で給油最安値は117円。7月に元売各社が値上げして以来だいぶ高くなったけど、この値段はかなり安い方じゃないかと思う。東北の太平洋側だけど、ちと高目の仙台R7バイパスを我慢してヨカッタ。
その時々で値段が変動するんで保証は必要無いけど、「このあたりは高い」「このあたりは比較的安め」なーんて情報を交換したいもんです。賛同いただける方がおられたら当ブログでカテゴリーを新設するのもアリかと。街中の○○石油の××店なーんて情報はいかがなものかと思うけど、主要国道・県道沿いのこの街のあたりはちと安いとか高いなーんて情報は有益なんじゃないかと。見て頂いてる方々、いかが?

ちなみにワタシの主観。間違ってたら指摘下されば幸いです。
安い
・R17上武道路伊勢崎付近
 ~大抵安い、群馬県は平均価格が日本一安いとか
・R6日立市-高萩市市境付近
 ~付近に較べると安いみたい
・R17上尾付近
 ~最近安さを感じないけど高くはないと思う

高い
・R141長野県内
 ~なんか高いぞ
・R7バイパス仙台市付近
 ~周辺に較べて数円高いみたい
・R4白河付近
 ~白河に限らず、全般にこのあたりのR4沿いは高い気がする
  1. 2005/08/22(月) 19:46:00|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レポ

HTMLを直接書いているうえ、最近テキトーなレポばっかしてるんで容量増加ペースも鈍り気味。とはいうものの利用可能エリア50MBに対して現在の使用エリアは21MB、残りはあと29MB。ちなみに今年の今年のレポだけで15MB、このペースで今年増えるとなるとあと6MB増えて1年で21MB使う計算。となるとこのペースでレポをあげていくと、来年末には容量オーバーと言う事態に陥る可能性アリ。金出せば300MBまで拡張出来るんだけど、それも何となく勿体無いし、そこまでのページでも無いかと。
容量の使い方をも少し分析すると、3月末から始めたBPだのなんちゃって登山だのチャリツーといった自力移動系のレポが意外と容量食ってるコトが判る。ちなみに車系9MBに対して自力移動系は6MB。自力移動系だと写真が増えるってのが容量を食う大きな原因なんですな。そもそも毎週のように野遊びしてたらこうなるのもアタリマエなんだけど(^^;

当HPでレポを見て頂いてる方々って基本的に動力移動系が多いし、主な期待はそちらだと思う。ってなワケで、

1)従来通りレポを上げ、一杯になった時点で古いレポを消す。
2)活動実績には総ての活動を載せるものの、自力移動系活動は本ブログで簡単なコメントする程度にとどめて自力移動系レポはやめる。

対策としてはこの2つかと。写真だけやふフォト/ブリーフケースに置けないかってコトも考えたけど、どうも裏技みたいだし。も一つ垢取って倍の容量で使うというのもちと面倒だし。

ってか、動力移動系と自力移動系って似て非なるものの気がするワケです。
動力移動系は設営場所が命で、そこで如何にマタリするかがポイントなのに対して、自力移動系は移動そのものが主な楽しみで、幕営によってそれを増幅させるのがミソ。あ、コレはワタシの考えだけど。
更に自力移動系のHPってどこでも幕営しちゃってそれを堂々と公開してたりするけど、キャンプ系サイトってちゃんと許可されたトコで設営して場所も公開するってのが暗黙のルールのようで。
こんな2つの趣の異なる活動・レポを混在させるのも個人的には若干違和感があり、サーバーの容量的な問題ともあわせてHP立ち上げ当初の趣旨とは異なる自力移動系活動のレポは控える後者の対策を採用しようかと。
ま、いくら手抜きレポばっかとは言え、レポ書く楽しみを知ってしまったんで、コッソリ書いてどこかでコッソリ公開するかも知れんけど、ソレはソレ、コレはコレ。

ってなわけで、今週末の浮島チャリツーを当HP上の自力移動系最後のレポにしようかと思ってマス。
さて、準備も大体できたし、そろそろ出発しまーす(^^;
  1. 2005/08/19(金) 21:19:36|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節

我が家にとって夏はキャンプオフシーズンと何度も書いてきたけど、何度行ってもやっぱりオフシーズン。今回、三ノ倉で雨中とは言え涼しい時間を過ごしてきたけど、虫の攻撃は大変なモノで一家でだいぶ付近の昆虫の栄養源になってきた。一番刺されたのがカミさんで、蚊でもブヨでもなく「ポチッ」と赤い痕がついてるヤツ。ワタシも刺されたけどまあ痒いコト。タマランです。カミさんはだいぶ懲りたようで、「やっぱりオフシーズンだよ」。

そんな声を聞きながらラジオに耳を傾けてたら
「各地で夏祭りも終わり、今年の夏も終わりですね」
へー、そうなんですか。関東育ちのワタシにとって、少なくとも夏休み期間中は全部夏。夏休み終わっても彼岸の頃までは残暑が厳しく、夜は多少過ごしやすくなるもののまだ夏休みが続いてもいい位の記憶しかない。
そういわれて見れば確かに子供の頃、田舎にいても盆を過ぎるとストーブがいる程寒かったコトもあり、東北ではそんな感じなのかもしれませんな。

さてあと1ヶ月もすれば関東でも正真正銘の秋。いよいよキャンプシーズンのプレオープンですな(^^;
  1. 2005/08/18(木) 20:59:02|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風対策

ウチの場合、他人のテントが見える範囲内にあるというのは合流キャンプを除くと珍しいコト。声が聞こえる程の距離なんて滅多に無いわけで、先日のキャンプではそんな珍しい経験をしてきた。いわゆるオートキャンプ状態での設営が可能な場所ではなかったので、皆さん慣れた感じで過ごしてた。ま、一部では大声で騒いでる一団もあったけど常識的な時間にはおとなしくなったし。

ここまでは良かったんだけど夜半の話。風が出てきまして、それも結構強い風。日本海を見下ろす場所なだけに風対策をキッチリするのはアタリマエだと思うんだけど、ちゃんとしてる人少ないんだよね。ウチでさえ最近怠けてる張り綱をちゃんと引き、飛びそうなモノは前室にしまい込んでから寝たんだけど、「バタバタ~」という音で夜中に目が覚めた。前室のジッパーを完全に閉めずにいたのが音たててるってのが一つの理由。そんなのはカワイイもんで、もっと凄い音がする。
たまたまトイレにも行きたかったんで外に出てみると何組かがテント・タープ周りでウロウロ。設営時には問題無くても天気予報はいいコト言ってないんだからちゃんとしておこうよーって感じ。自分がうるさいだけならともかく、周りに迷惑はかけないで欲しいもんです。それでも対策してるのはまだいい方で、凄いバタついてるのにテントから出ても来ない、なんの対策もしないグループがいるのにはちとびっくり。離れててこれだけうるさいのに、中にいたらさぞかしうるさかろうに。
朝起きたら崩壊してるタープがあったり、道具が散らかってるグループがあったり。ま、自業自得ですけどねー。

強くなる前にもずっと風は吹いてたワケで、強くなるかも知れないってのは当然予測出来得るコト。最低限の対策位明るいうちにしておこうよー(^^;
  1. 2005/08/17(水) 21:10:12|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠征

今回久し振りに1,000キロ以上の走行。平均しちゃうと1日当たりの走行距離は知れてるんだけど、最終日に700キロ移動したというのはちと無謀君。オトナだけならまだしも、子供がいるとちとしんどい。平均すると月に2度は遠出してるようなカンジなんで、平均的なトコと較べるとウチの子供達は移動慣れしてると思うんだけど、それでも1日の移動時間14時間というのは辛かったようで、さすがにゲンナリ。で、その相手してたカミさんもゲンナリ。片道400キロ程度の往復なら「ヘ」でも無いので、北東北まで北上する時は途中で中継した方がいいってことですな。

ふむ、幕営はだいぶ慣れてきたけどまだまだ学ぶコトはあるようで。奥が深いなぁ(^^;
  1. 2005/08/16(火) 23:24:29|
  2. 外道伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の野営

先週末は一家で野営。ま、野営と言っても車をすぐそばに停めたオートキャンプスタイルの場所もあったんで、野営らしい野営でもないんだけど。
まだまだいいトコがたくさんあるなぁと感じると共に、地元の方々はいいトコ一杯知ってるんだなぁとも痛感。行こうと思ってた河原が芋の洗い場状態だったのにはちとびっくり。ココ、ネット上には殆ど情報が無くて穴場だと思ってたんだけど、場所がいいせいか子供も大人も一杯、タープ張ってるのは当然としても流し素麺器(?)まで持ち込んでたのはオドロキ。どうもデイキャンプの様子で、夜まではいそうになかったから空くのを待ってるというテもあったんだけど、地元の方々の楽しみを邪魔するのも野暮なので早々に退散。
一方で山中は人はガラガラ、でも蜂とアブは一杯。元々彼らの世界であり、我々は闖入者なんで文句言う筋合いは無いんだけど。草が茂ってて眺望が望めない事もあってこちらも退散。蜂だのアブだのについては有料・無料を問わず、キャンプ場でもこの時期は話題に上がるコトで驚く問題でもないけど。

夏の野営ってのも難しいですな。ってか、このシーズンにワタシの求めるような幕営をしようってのが難しいんだろうな。ま、あと一ヶ月辛抱すれば人はだいぶ減るでしょう。代わりに熊さんが活動し始めそうだけど(^^;

さて、今週末は墓参りキャンプ。やっと出発出来そうかな。ほいじゃ、行ってきまーす!(^^;
  1. 2005/08/11(木) 19:45:01|
  2. 外道伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テント

夏という事もあって最近の幕営ではテントを2張り張るコトが殆ど。このクソ暑い中、ステラ6に4人がひしめきあって寝るというのはちとしんどい、というのが一番の理由。昔使ってたでかいテントを使うというのもアリなんだけど、設営しづらいし、重く耐風性にちと不安があって使う気はナシ。
2~3人用なら2張り張るのも思った程面倒でない。ステラ6はポール4本、それに対してステラ3はポール2本、TADPOLEがポール3本。ステラ6はペグが10本に対してステラ3はペグ8本、TADPOLEがペグ10本。1張りよりも2張りの方が設営に多少労力を要するものの、2張りのメリットは大。

子供のテントと大人のテントを分けることにより、子供を早く寝せられるし、朝もそれぞれのペースで活動を開始出来る。子供用テントは自分達で寝る準備や片付けをさせられるし、片付いた方から撤収が出来る、など。ま、子供がそこそこ大きくなればのハナシですが。
雪中で雪かきしなきゃいけなくなったら2張り分のスペースを除雪するのも面倒だろうし、1つにかたまってた方が暖かいだろうからステラ6にするんだろうけど、当分このスタイルでいくつもり。

む、TADPOLEはインナーがメッシュなんだよなー。晩秋から早春までの間の無雪幕営では寒そうだなぁ。ソロでもステラ3ぢゃちとデカイと思い始めた今日この頃、子供2人寝せられる通常のインナーのテントが欲しくなっちゃうなぁ(^^;
  1. 2005/08/10(水) 21:59:37|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリ通

車で行くキャンプだのお気軽野営だのばかりしてて、ちと体力が落ち気味。しかも千葉勤務なら遠回りしてチャリ通勤すれば片道20キロ位の練習が出来るんだけど、東京勤務だと通勤電車の中を歩き回るわけにもいかず、往復の3時間弱が全くの無駄時間。ま、朝は寝てて睡眠不足を補ってるんで全く無駄ともいえないんだけど、家にいる時間にトレーニングするほどの気力も無く、元々無い体力は更に落ちていく....
これじゃイカンというわけで、本日東京までチャリツーならぬチャリ通勤。先日の霞ヶ浦チャリツーから考えると片道50キロはたいしたコト無いわけで、仕事中に体力を回復させれば帰りも多分無問題と考えて実行してみた。

会社は東京駅近傍、千葉からのルートはR16-R14-R357-葛西橋通りで都内へ。R357までは車は多いが人気も少なくちとつまらんけど、葛西橋通りに入ったら様相は一変。チャリ通してる人って結構多いんだなー。やー、結構楽しい。2時間20分ほどで会社に着くと人気の無い地下の談話室の一角でせっせと着替えして汗拭いて。ワタシの労働環境はチャリ通の敷居は低いと言えるだろう。
帰りは不思議と都内での信号のつながりが悪く、また千葉市内に入ってからちとエネルギー不足気味、軽いギアで流してたんで2時間半ほどかかったけど大きなトラブルも無く帰宅。
1日での走行距離は102キロちょっとと自己最高だけど、2回に分けての走行だから何とも言えないけど腕の痛みはナシ。肩がちょっと痛い位かな。

コンスタントに週2~3回チャリ通出来れば体力も付くだろうし楽しむことも出来るだろうし一石二鳥。うむ、東京勤務も悪く無い鴨(^^;
  1. 2005/08/09(火) 23:25:08|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストーブ

先日の野営最終日、メインで使ってる*ストーブに火がつかない状態に。急遽MSRガソリンストーブに点火して調理を継続。ところが白ガスを足していなかったんで早々にガス欠。予備のコールマンまで持ち出して事なきを得た。冷えてから*ストーブを調べてみたらガス缶に当たる部分のOリングが溶解したようで、シートパッキンのようになってる。うむ、これじゃあ奥までねじ込めずにガス缶側の逆止弁を押し込むことは出来ないよなぁ。
で、野営帰りに千葉付近まで戻ってから某店に出撃。
「Oリングがいかれちゃったみたいなんだけどパーツあります?」
「補修扱いになります。3週間程度預かる事になります。」
「へ?じゃいいです。」
マジかよ~。*ストーブとゆーのもナンなんで、プリムスかEPIのヤツ買おうかなーと思ったけど、ふと思い当たる点があって帰宅後*カタログを確認。やっぱり「地メンテナンスキット」にOリングが含まれてる。しかもプリムスのカタログには「Oリングは消耗品なんで定期的に交換するように」なーんて書いてあるし。
ってなワケで、本日御茶ノ水に出撃。状況を説明し、メンテキットに含まれているのがワタシの欲しいモノであるコトを確認。Oリングだけで良かったんだけど、調理の吹きこぼれがアッシーにかかって動きが鈍くなってたコトもあり、アッシーやら専用工具も入ってるメンテキットを購入。ついでにOリング単体も別途注文しておいた。

ついでにMSRのストーブの件も相談。
「ノズル部分が折れたならしょうがないですよねー、もう使えません。」
あれ、ノズル部分は確認してないなぁ、ガス缶側がカラカラ言ってたんで、てっきりストーブ側の導管が破損したと思い込んでたけど、ホントに壊れたのかは未確認。ひょっとして壊れたのはガス缶で、缶の中でカラカラ言ってたのは逆止弁、ストーブ側は問題無いんぢゃないかと帰りの電車の中で思い始めまして。帰宅後、*ストーブOリングを交換して問題なく使えるコトを確認後、MSRストーブの導管を確認。ありゃ、折れてないなぁ。ぢゃ、使ってみよう....ありゃ、使えるし(^^;

どうやら壊れたと思ってたのはガス缶側で、ストーブ側には問題は無かった様子。ただ、御茶ノ水博士(?)によると、メーカーによってガス缶側逆止弁の位置と導管長さは微妙に異なるとのコト。メーカーによってミリ単位で仕様を変えてるというコトも考えづらいんだけど、プリムスと*はOリングの形状(プリムスはOリングと言うよりガスケットに近いカンジ)も含めて確かに違う。ふむ、ここら辺を検証していくのも楽しいかも知れんなぁ。ま、いずれにしても*ストーブもMSRストーブも使えるコトが判り、さらに新ストーブを買わずにすんだのはデカイかも。

しかし千葉県下の某店、大丈夫かぁ?一応「アウトドア」を謳った店なんで、今回くらいの対応は出来ないと客来ないと思うけどなぁ。店員にもよるんだろうけど、ハズレの店ではそれ相応のモノしか買わんようにしないと痛い目に合いそうだなぁ(^^;
  1. 2005/08/08(月) 23:31:43|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タープ

去年の今頃は房総半島から消え行く183系を追いかけ、炎天下のもと千葉の山中でカメラ片手にパンツ一丁で大汗かいてた。タープの存在を知らんかったワケで、猪苗代での初キャンプの時にそんな便利なモンがあると知って驚いたりした。ま、知らんかったワケでも無いんだけど、雨除けとしての用途は想像付いても日除けとして使うというアタマはなかった。
タープ買ってしばらくは喜んで使ってたけど、最近張るのが面倒になり、張らずに済ませるコトが多い。去年の猛暑でも過ごしてきたように無きゃ無いで過ごせるし。

先日久し振りに張ったらキャンプしてるみたいでなんかいいカンジ。今回も雨が降った後、もしくは降りそうというコトからタープも設営。うむ、たまに目先の変わったモノ使うと新鮮ですなぁ。買ったけど使ってないモンはいっぱいあるんで、たまに使ってやると新鮮なキャンプが出来るかも知れないなぁ(^^;
  1. 2005/08/07(日) 21:53:05|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続:慣れ

昨日の続き、
「坂も練習あるのみですよねぇ?」
「ハイ。」
「房総あたりで練習になりますか?」
「坂はカラダを垂直方向に移動させなければいけないので当然肉体的に訓練する必要がありますが、それと同じ位精神力が必要になります。まだ登りだ~、もうやめたいと思ったら負け、どんなに軽いギヤにしても回せば必ず進むし、止めてしまったら絶対に進まない。房総って一つひとつの登りはそれ程でもないけど、海から海へ横断しようと思うとすぐに総上昇量1000メートル位稼げるんで、肉体的鍛錬には十分なりますよ。」
「精神的鍛錬としては無理がある?」
「考え方です。坂って一定の角度で登るコトはまず無いんです。緩くなったり、カーブの所では平坦になったり。そこで上手く力を抜くなり休むコトがコツといえばコツ。房総もダウンの部分をそんな部分に見立てれば精神的鍛錬になるでしょう。坂も慣れですよ。」
「そーゆーモンですかねぇ?」
「そーゆーモンです。一度坂を登ってみるといいと思いますよ。山屋と同じキモチです、登った後の達成感がいいんですよ。それと以前登ったことある坂をより短い時間で登れた時の達成感もあるしね。初めて箱根を登った時2時間以上掛かったけど、2年後に登ったら45分で登れた、そんな時達成感を感じますよ。」
「登り好きなんですね~。」
「いえ、ワタシは大嫌いです。」
「それでもそんなですか?」
「好きな人は坂ばっか登ってますから。」

へー、色んな世界があるのねぇ。そこまでストイック系の活動はいかがなものかと思うけど、先日の水源の森までチャリで出撃してみたいとは思うワケで、標高差は1000メートル程度で水上から30キロ、沼田から50キロ、渋川から70キロ、今年はムリとしても来年は涼しい顔して登ってみたいなぁ。

あ、来年もチャリンコ乗ってたらのハナシだけど(^^;
今週は休み取って避暑野営。さて、そろそろ出発しまーす(^^;
  1. 2005/08/03(水) 18:17:34|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

慣れ

先日の浮島チャリツー、足腰の疲れとケツの痛みは想定の範囲内、ってか自宅付近を走った50キロのウロウロ走りの延長線。多少キタかな?って程度で、決してもう走れましぇん状態ではナシ。一方で想定外だったのが肩から手首にかけての腕全体の痛み。コレはたまらんです。もータマラン。
で、帰りにいつものチャリンコ屋へGO。
「霞ヶ浦、行ってきました。で、腕がムチャクチャ痛いんですけど....」
「あ~、慣れて下さい。」
「へ?フォームが悪いとかじゃなくて?」
「フォームなんて走ってれば自然と身につくものです。原因で無いとは言わないけど、自転車は全身運動。体重支えたりハンドルを真っ直ぐ保ったりと腕は思いのほか使ってるんです。筋肉痛になるのはアタリマエですよ。特にぼうずさんの場合、荷物が重いから余計腕を使ってるはずです。」

へー、そんなモンですかねぇ?そんなモンなんだろうなぁ。

「よく慣れた人でも120キロなら問題無いんだけど150キロ走るとアソコが痛い、150キロなら問題無いけど180キロ走るとココが痛いってなります。ぼうずさんも腕が痛く無くなったら今は痛くない腰あたりが痛くなるんじゃないかな?でも総て慣れです。」

ふむ、そこまで言い切られてしまうと納得というか洗脳されてしまったカンジ。脚の筋肉痛がそれ程無かったコトを考えるとそうなのかも知れん。

帰ってきてからバンテリンのお世話になったとは言え、筋肉痛は確実に減少。昨日・本日と午前中の勤務地は千葉だったので多少疲れが残ってるもののチャリで通勤したけど違和感ナシ。ふむふむ、半歩前進したかな?
も一つ聞いてきたコトあるけど、長くなったのでまた明日。
  1. 2005/08/02(火) 22:07:51|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御礼

お馬鹿なチャリツー行ってる間にふと気付いたらHPカウンタの桁がアップ。やー、こんなワケ判らんコトばっかやってるサイトを延べ1万人の方が見て下さったとは驚くやら嬉しいやら。リンクさせて頂いてるような真っ当なサイトと違って、ワタシの場合ちとイロモノ系。ってか、それを意識して活動してるんだけど(^^;

ってなワケで、見て頂いている方のご期待に添えるようにますますイロモノぶりを発揮せなアカンかなぁと。キャンプは勿論の事、野営にバックパックにチャリツーに日々精進し、鼻で笑われるようなおバカ活動にますます磨きをかけてご紹介していければと考えております。

あらら、やっぱりワタシMっぽいかなぁ(^^;
  1. 2005/08/01(月) 23:23:35|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

07| 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。