日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ショップ

今日も顔出してきました、近所のチャリンコ専門店。
チャリンコ貰ったのは別の人から、MTB用という細めのタイヤを貰いまして、今のホイールに付けるか、ホイールだけ新たに買うか相談。やー、物欲大魔王の思う壺か....

「ホイールは買っちゃダメです。今のホイールに付くと思うんで、それで乗ってください。」
あらら、パーツ買っておいてちょっとづつ揃えていくってのもありかと思うんですが....
「もっとグレードの高いMTBならばパーツを変えていくというのもアリですが、そこまでのチャリンコではないかな。」
あらら、乗り続けてたらの話だけど1年後にもう少しいいヤツに生まれ変わらせようと思ってたんだけど、完成品を買うのがいいというコトですか?
「うん、結果的にそれが一番安くて確実ですよ。ま、パーツ変えるって言ってもサドル位かな」

良心的なのか、穴にはまる一歩なのか....どっちだか判らんけど何となくワタシにあうショップの気がする。
しかしショップの人もこんな訳ワカランヤツの相手しなきゃいけないし大変だよなぁ(^^;


スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 23:59:59|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレーニング

何も本格的なチャリダーになろうとか山屋になろうとかは思わないけど、そこそこ遊べるくらいにはなりたいと思う。なんちゃってバックパッカーとして1日40キロ、なんちゃって山屋として1日1500メートル以上、なんちゃってチャリダーとして1日120キロ以上。あ、なんちゃって山屋の目標は標高差ね。
この目標を3日連続して出来る位の体力がつけば、そこそこ楽しむことは出来そうな気がする。ただワタシの場合、歩いたり登ったり走ったりする事が目標なのではなく、手段として自力移動しつつ、風景なり触れ合いなり食い物なりを楽しみ、現着したらプチ達成感を味わいながら設営してマタリするってのが楽しみ。所詮趣味の、自己満足の世界ですからねぇ。
とはいうもののちょっとは体力が無いと出来ないし、ある程度のトレーニングは必要だろう。うー、トレーニングって嫌いなんだよなー。歩くってのは生活の中で欠かせないコトなんで、1日10キロ歩くなんてのはトレーニングとは思わずに歩けるんだけど、1日30キロとか40キロチャリンコに乗るってのはちと非日常のコトで、ワタシの嫌いなトレーニングの範疇。

違う楽しみを得るためには色々と大変ですなぁ。ってか、アレもコレも楽しんでみたいってのがゼータクなんだよなぁ(^^;
  1. 2005/06/29(水) 23:58:25|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病気

走ってる最中はしんどいし、帰ってきた晩は太ももがビリビリして辛かったチャリツーもどき、喉元過ぎればなんとやらでまたやりたいと思う始末。むー、バックパックもそうだったけど、ワタシ、ちと病気なのかも。
ってか、同じ設営するんでも刺激を求めてるんだろうと自己分析君。冬は寒さと雪という刺激があったんだけど、春~秋は刺激ナシ。ま、熱帯夜に密閉状態のテントで過ごすのも刺激と言えば刺激だけど、不快な刺激であって心地良さはナシ。刺激に代わるモノというコトで達成感を求めてるんだろうと。苦しければ苦しいほど、とは言わないけど、ある程度苦しい方が達成感もあるワケで、達成感があれば思い返すと楽しいってなコトになるのかと。むー、単純なヤツ(^^;
そんなワケで、再チャレンジするためにちと準備をしようかと妄想君。歩きと同じルートで通勤じゃ5キロ位なんで全く準備にならず。徒歩通勤がBPに多少は役に立ってるのは毎日往復で2時間分位の距離を歩いてるからではないかという推測のもと、とりあえずは片道20キロ位走ってみようかと考えまして。

ヨ~シ、今日から、と思ったら朝から東京。午後から千葉でチャリ通勤したけど暑いのなんの。涼しくなってから7キロ程先にタバコ買いに出撃。暑い中走らないと意味無い気もするんだけどなー(^^;
  1. 2005/06/28(火) 22:41:33|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

チャリツー荷物

先日のチャリツー、荷物も少なめ。チャリツーに先立って近所の専門店に相談。
「設営を前提としたツーリングしたいし、そのうち輪行もしたいんですが」
「輪行しないんならしっかりした荷台がいいけど、するならワンタッチで取り外せるヤツがいいでしょう。輪行バッグに入れる時楽だよ。」
「強度的に弱そうだなぁ」
「荷物は7キロとか9キロ位までしか積めないよ。でも輪行袋も持つ事考えるとそれ以上荷物持つ事は無理だよ」
御茶ノ水の総合店はそこまでの指摘はしてくれませんで。ナルホド、餅は餅屋ですなぁ。早速ご購入、大モノを荷台にくくりつけ、残りはアウトレットで買ったmont-bellサイクールパックに。サイクールパック買うのもちょっとだけ悩んだんだけど、フンイキだけで購入。これがスグレモノ、10Lとはいえ結構入る。

結局持ったのは

・テント(TADPOLE)
・Z-Lite
・パックグリル
・まな板(小)
・防水スタッフバッグ-(寝袋、カッパ上下)
[以上荷台くくりつけ]
・ファーストエイド
・パンク修理キット
・ドライバセット
・着替え&タオル
・コッヘルセット(含*ワッパー、ストーブ、230缶、ローソクランタン×2)
・軍手
・ヘッドランプ
[以上サイクールパック]
・デジカメ(サイクールパックにくくりつけ)
・GPS(ハンドルにポーチくくりつけ)

こんなカンジ。荷台への荷物固定がちと不安な部分もあるんで、簡易サイドバッグは欲しい鴨。あと、荷台の過重はまだ余裕ありそうなんで、ネイチャーストーブとトレッキングチェア位なら持てそう。これ持てば火遊びも出来るし。ま、そんなコト考えてるから荷物増えるんだけどね(^^;
  1. 2005/06/27(月) 22:32:56|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初チャリツー

やってみなワカラン、とゆーコトでチャレンジしたチャリツー。キモチ良くなる間も無く現着して気持ち良くなる間も無く帰着したカンジ、で帰って暫くしたら太ももが別人みたい。やー、すげー筋肉痛、バックパックとは全然違う筋肉使ってるんですなぁ。多少違うものの、なんちゃって登山の方が近い痛みかな。ま、登山対策としてのろうと思ったチャリ、専門店のあんちゃんに言わせると登山とは違うってハナシだけど、多少は役に立つかな。

しかしチャリもBP同様準備運動が大事。通勤にもチャリ使うかなぁ。歩いてるルートをチャリで行ってもしょうがないんで、ちと遠回りしようかと。歩いても行かなアカンし、週10回位通勤せなアカンか~?(^^;
  1. 2005/06/26(日) 20:08:16|
  2. 外道伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続々・チャリ

昼間ちといじって荷台(?)を付けまして。しかし先日行ってみた近所の専門店、なかなか良心的かも。
「ハンドル?錆びてても折れません、コレで乗れるからとりあえず乗ってみてください。サドルが破れてる?見てくれだけの問題です、まずは乗ってみることが大事です。最低1年はこの上体で乗ってみたら何が必要なのか、スペックはどんなものが必要なのか自ずと解るはずです。」
うむ、ごもっともな意見。キャンプの道具で相談受けたらワタシもそう言うだろうし。商売っ気出して最初から売り込まないのも一つの策かな。ワタシの背中にデンと構える大魔王が見えたのかも知れぬ。二重投資になりそうに無いタイプの荷台だけ買って帰ってきた。

そんな中、カミさんと話をしたらこれから明日の朝まではフリーであるコトが判明。そんな遠くへは行けないけど、最低限の野営装備くくりつけてちょいと走ってみようかと。ってなワケで、行ってきま~す♪
  1. 2005/06/25(土) 16:09:56|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・チャリ

本日初めてのMTB通勤。正確に言うと昨日乗って帰ったんで2度目と言えるかも知れんけど往復はお初。漕ぎ始めてすぐ、「うっ、ケツがイテェ」。骨盤の股側というか内側のサドルに当たるトコが痛い。ま、最初はそうでしょうなぁ。インナーパッドのついたサイクリングパンツはちと大袈裟すぎるし違和感あるんで今のところ買う気ナシ。どうやって対処するか、ケツの痛いぢゃなくてアタマの痛いハナシ。
あとは一生懸命漕ぎ過ぎちゃうってのも問題か。慣れなんだろうけどやたらと疲れ、すぐバテそう。なんか「スポーツ」してるカンジで、移動を楽しみたいワタシにとっては既に腰引け状態。

とか何とか言いながらもちょこっと乗っただけなのに妄想は膨らむ。
交換したいパーツは山程あれど、昨日の専門店のあんちゃんの勧告もあってとりあえずは現状で軽く走ってみようかと考え中。BPでもそうだったけど、まずは最低限の装備で経験してみてから強化ポイントを探るというのがワタシの流儀。ワタシ、自覚してないけど性格的に凝り性らしいんで(^^;、よく解ってないうちに色々とパーツを変えてしまうというのも二重投資になりそうだし。
BPの経験から装備は最低限にしておかないと自力移動系の旅はしんどいし、それを追求しないと大魔王が活躍する場になるだけだし。そうでなくても「荷物を減らす為に荷物が増える」ワタシ、危なくてしょうがない。

ウン、極めてまずい。やー、まずいまずい。まずくて困る。困るほどうれちーのよん(^^;
  1. 2005/06/24(金) 23:53:36|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャリ

以前チャリのことについて色々と話を聞いた会社のチャリダーと立ち話。
ワタシ「余ってるチャリないのー?」
チャリ「あ、MTBが1台余ってるよ、やろうか?」
ワタシ「へ?いいの?」
チャリ「子供に買ってやった古いやつだよ。クイックリリースだけどみてくれは今のヤツみたいにカッコ良くないよ。ワイヤーは変えた方がいい。あとはハンドルが錆びてるんで好きにして。」

チャリに手を出すかどうかは悩んでたんだけど、先日なんちゃって登山して以来、多少は太もも系の強化を図った方が良さそうだと感じてまして。本格的な登山をするつもりは無くても、お気軽バックパックとは明らかに違う脚の張りに体力の限界を感じたのは確か。体力的に余裕があれば精神的余裕も生まれて疲れも少なくなるのは明らか、太もも系訓練と言ったらチャリがいいかもしれないなーとも思ってたトコ。

で、先日引き渡し式。MIYATAのRIDGE-RUNNERとやら。確かに見てくれはちとくたびれてるけど、ワタシにとって十分かと。磨き甲斐もありそうだし、整備だけで当分楽しめそう。早速リアブレーキワイヤーを別の元チャリダー立会いのもと交換。ギアワイヤーはアウターに傷が入ってたんで近所の専門店に駆け込んで交換済み。
その店で色々話したりして、いじくる楽しみも知りまして。やや、まずいぞ、コレは(^^;
  1. 2005/06/23(木) 23:58:55|
  2. 贋自転車愛好者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オガ炭

冬の設営では欠かせない炭だけど、ネイチャーストーブで手軽に扱えるという事もあり、暖かくなったこの時期でも煮炊きの補助や焚き火の素として今でも熾してる。焚き火の炎や熾きた炭を見てると何となく心が落ち着いて、野遊びしてるコトを実感する。
ワタシの場合、BPの場合は重さと着火性を考えて安いナラ炭を持っていくけど、車で出撃する場合はオガ炭を使う。このオガ炭、なかなか火が点かないけど、一度点いたら火力・持ち共にほぼ満足。そりゃ備長炭の方がいいんだろうけど、毎週のように使うワタシにとってはコスト的に見合わない。ちなみにワタシはまず焚き火して暫くその炎で炙ることによってオガ炭に着火してる。時間がかかるのが難点だけど、野遊びするのにそんなにアクセクしないし、1粒でいくつも楽しめるというのがメリット。

このオガ炭、近所のホームセンターで調達してたんだけど、昨年末新たに仕入れなくなったようで店頭在庫が漸減。慌てて買い占めたけど、その後店頭で見かけることはなかった。中国の備長炭輸出禁止の影響で炭の流通がタイトになったコトは聞いてたけど、それが原因かと思っていたらそうでもなかったようで。
先日そのホームセンターでアウトドア用品の増殖と共にオガ炭が大量に並んでいるのを見て一安心。仕入れてなかったのは一般的なアウトドアオフシーズンが原因だったみたい。

ひとまずはホッとしたけど、冬こそ需要が増える時期なだけに入手ルートを開発しておく必要を痛感。ま、心当たりが無いワケでもないんで、次に購入する時は別ルートで購入しようかと。
複数購買も考えないとイカンなんて、野遊びといえど現代社会の縮図ですなぁ(^^;
  1. 2005/06/22(水) 23:54:44|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨

そろそろ梅雨。やー、困りますなぁ。何が困るって、雨降ってもどうせどっかで設営して「やー、人が少なくていいなぁ」なーんて喜んでるんだろうけど、困るのはその後。
雪中なら雪で濡れても凍っても千葉に帰ってくればピーカンで、半日干しておけば装備一式次使える状態に出来たけど、梅雨時はそうはイカン。雨降ってドロが付いても乾かしようが無いのではないかと。更に寝袋を干そうにも家の中は既に洗濯物に占領されてそうで、カミさんと場所の取り合いになりそうだし。

幸いここ数日は雨ではないけど、皆さん装備のメンテはどうしてるんでしょ?梅雨時のいいメンテ方法をどなたか教えて下さいマシm(_._)m
  1. 2005/06/21(火) 20:43:16|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・赤城山

県営赤城山キャンプ場までの「なんちゃって登山」が楽しかったんで、その延長として先週末に黒檜に登ったけどつまらなかったのはレポの通り。
人それぞれなんでしょうなぁ。目指すはバックパッカーとか言いながら、なんちゃってバックパッカーでしかないというのも、設営しないと気が済まないという気質が原因。ただ単に歩くだけじゃツマランし、普段生活していない地方の方々の暮らしを眺めるだけでも、山に登るだけでもツマラン。その先に設営と休息という楽しみがあって、大自然の中の小さなスペースで今日の自分自身を振り返り、明日の自分を考える贅沢な時間を過ごす。そんな総てを満たして始めてキモチ良くなる、というのがワタシの快楽みたい。
そんな意味では、頂上を制してもそこで設営してマタリ出来るワケでもなく、登っても人が一杯で自分のペースで自然を楽しめない、自然を独占した気分になれない、というのがツマラン理由かも。

ま、ワガママなんですなぁ。所詮独占することなんて出来ないのにね。
  1. 2005/06/20(月) 21:24:51|
  2. 外道伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城山

目指すのはバックパッカーなんて言いながら、先日の赤城なんちゃって登山はそれなりに楽しかったワケで。なーんて、歩いてる最中は登りがキツくてバテバテ、今だから楽しいなんて言えるんだけど(^^; ま、今後のなんちゃって登山に向けて体力をつける・確認するという意味で、赤城山というのは場所も近くて手頃な上にキャンプ場や風呂など設備も整ったコースと言える。ってなわけで登山ルートを調査君。
一般的に赤城山の登山というと大沼付近にあるビジターセンターから黒檜山、駒ヶ岳、地蔵岳などへの登山を指すらしい。「登山じゃなくてハイキング」なーんて書き方してる人も多い。そりゃそうだよなぁ、大沼が標高1350m位、最高峰の黒檜でも1800mちょっと、標高差はせいぜい500m程度。山屋さんにとっては真冬でもない限り登山と呼べるシロモノでは無いだろう。
じゃ、麓から登るルートを紹介してあるページは....というとコレがまた少ない。先日のルート、ガイドに載ってたんだけど初心者のワタシとしては結構スリリングなトコもあったワケで、載ってもいないルートを登るレベルにはまだ無いってのは自分が一番良く知ってる。だから調べたんだけど出てこないんだよなー。前橋からのK4だの大胡に抜けるK16、沼田方面に北側を登るK251ならば舗装されてるんで確実なんだけど、わざわざ車が走り回ってるそんな道歩きたくないし。

ってなワケで、次登るにしてももう少し事前調査が必要みたい。次はちょっと距離を延ばして渋川あたりから登りたいなぁ、なーんて思ってるんだけどうまい道は無いもんですかなぁ(^^;
  1. 2005/06/16(木) 22:32:05|
  2. 外道伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトドアシーズン

先日近場でお気軽キャンプをしてきた。世間ではシーズンに入ったらしく、スポーツ用品店に行くとキャンプ道具が所狭しと並んでいる。確かに暖かいし水やトイレなど何不自由なくライフラインが整備された状態で野遊びを体験出来るので、シーズンと言えばシーズンかも知れない。ただ、虫は多いし食材は痛み易い。何より人が増えて落ち着かない。増えるのはまだしも、夜中まで花火やったり、物騒な連中がウロウロしたりし始めるのがタマラン。
そんなこんなで、先日の「キャンプ」はワタシもカミさんも何とも気の無い状態。近場、というコトもそんなキモチに拍車をかけてるんだけど、食材は忘れるわティッシュは忘れるわヘッドランプは忘れるわ。ワタシはワタシで車で行くならどうにかなると思っちゃうし、カミさんはカミさんで雪中じゃあるまいし多少忘れ物があっても死ぬコト無いだろうし、って思っちゃうし。そんなお気楽な気持ちで野遊び出来るからこそ「アウトドアシーズン」なのかも知れないけど、お気楽過ぎて何か物足りない。
ワタシとカミさんでは多少方向性の違いはあれど、アウトドアに「非日常の日常」みたいなモノを求めてるわけで、この時期、特に近場ではどこまで行っても日常の延長線でしかない。

雪中やらバックパックの刺激が強すぎて麻痺しちゃったんでしょうな。知らなきゃ良かったことなのかも知れんけど、知っちゃったんだからしゃーないよなぁ。
  1. 2005/06/15(水) 23:00:54|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地図

GPS買って地図ソフトなんぞ使い始めたけど、今回はソフトではなくて紙の地図ハナシ。先日の赤城、会社の山屋から赤城の登山地図を借りて行った。これがスグレモノ。何がスグレモノって濡れないのですわ。山屋にとっては当たり前なんだろうけど、雨に降られても水をはじくし&ふやけない。
コースも書いてあって、時間はどうでもいいにしてもここは歩きやすいとかここはクサリ場とか。そんなんも25000分の1の地図だとワカラン情報。ふむふむ、バックパッカーを目指すワタシにとっては難路だのコースファインディングなんぞは別の世界。そういったトコロを避けつつ、駅から適度な距離人里歩き、適度な山歩きも出来そうな経路を探索中。赤城も含めて3つ程買ってきた。行く行かないは別として地図眺めてるだけでも楽しいし、これからも増えそうな予感。

しかし山屋さんというのは登山口まではバスやタクシーで行くんですな。バスの便やらタクシーの電話番号やらが書いてある。あ、勿論マイカー登山用に駐車場の有無も書いてあるけどね。
やっぱり求めるモノがかなり違うようですな。本屋行くと登山の本はいくらでもあるけど人里歩きの本なんてまず無い。そういうイミではワタシが変わってるんだろうなぁ。
  1. 2005/06/14(火) 21:47:17|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

難敵

どうやら関東も入梅したそうで。先週末は台風情報にヤキモキ。ただ、ちっと面倒が増えるなぁ位で難敵とは言えず。逆に人出が少なくなっていいやって喜んでたりするし。
物欲大魔王もワタシの敵ではあるけど、最近多少おとなしいし、金がなけりゃ深追いはしてこないし。
虫も敵ではあるけど蚊取り線香を持ち歩けばいいし、人出がどうのってったって山奥の人気のないトコ行きゃ静かに過ごせるし。

大抵のコトは何とかなる気がするんだけど、5~6年振りに難敵が現れた。や、キャンパーとしてはそれ程難敵ではないかもしれないんだけど、なんちゃってバックパッカーにとっては難敵かと。
正体はナニかというと水虫。ここ数年静かだったんだけど、またワタシのもとにやってきたようなフンイキ。実は先日のなんちゃって登山の後、右足小指と薬指の又に水ぶくれらしきモノが出現。短い経験だけどこんなトコにマメが出来るワケはナシ、にもかかわらず懐かしい違和感がアリ。うぬぬ。と思ってつぶしたらやっぱりそう。
ワタシの水虫、水ぶくれが出来、それをつぶすと皮膚の奥深くから穴があいてるってタイプ。5~6年前に大発生して、ここ数年は極めて静かにしてた。実はその5~6年前にも発生して鎮圧した経歴アリ。今回は完全に駆除し切れたと思ってたんだけど甘かったようで。ま、登山靴履いて歩き回るなんて白鮮菌にとっては天国みたいな場所を提供するってコトだから、出てきてもしょうがないんだけど。

しかしちょっと参りモード。駆除方法は簡単、しょっちゅう洗って薬塗って乾燥させる。コレしかない。ただ、事実上バックパックしちゃイカンと宣告されたようなもの。うむむ、まだバックパックしづらい夏で良かったと思うべきか....

早く治らんかなーと思いながら、会社でも薬片手にコソ~リ裸足で乾燥させてるワタシ。なかなか情けない(^^;
  1. 2005/06/13(月) 21:50:25|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に....

金曜の晩家にいるのは久し振り。月~木と変わらないはずなのに、ミョーに時間が長く感じられたりしてちと手持ち無沙汰。そんな週もあってもいいかな。
で、明日は急遽近場へお気楽キャンプの予定。なーんて、ウチのコトだからいきなりヘンテコリンなトコで野営してる可能性も無いわけじゃないんだけど、雨降ってる時に車で野営というのもちと危なげだし、おとなしくしてた方がいいかと。気になってる近場があって、こんな時じゃないと行きそうにないんでそこに出撃するつもり。

なーんて下らない日記書いたりして。余程手持ち無沙汰なんです、ハイ(^^;
  1. 2005/06/10(金) 22:34:38|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直撃?

週末は台風直撃の予報。うむむむ、フツーの雨ならテキトーにBPするし、台風でも車で出撃ならどこでも行っちゃうんだけど、BPで台風となるとちとしんどいかと。本意ではないけど安易なトコにBPで出撃しますか。
って言っても、安易なトコってドコなんだろ?設営に不安は無いんだけど、台風の中BPというのも初めての経験で、なかなかいい経験が出来そう。うむ、吹雪の中歩くコト考えたら余程楽だよなぁ....

なんてコト考えるワタシ、変ですか?まいっか、TV見てたら日本がW杯出場決めたし。よう判らんけどヨシとしよう(^^;
  1. 2005/06/08(水) 21:29:24|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新兵器

山の興奮も覚めやらぬ中、またまた新兵器が我が家にやってきた。やってきた、というより連れ帰ったんだけど(^^; 早速ちとお試し。ま、正確には試すなんてコトは出来ないんだけど、広げてみたくなるっちゅーモンではないですか。近所の空き地で試したら周りの人に思いっきり変な目で見られたけど(^^;
ふむふむ、なかなか良さそうぢゃない。うーむ、早く使ってみたい。ってなワケで、今週末どうするか凄い悩む君。車はカミさんに取られてて使えないんでBPは決まりなんだけど、いきなり実戦投入しても支障のないトコに行くか、カタく実績のあるステラを担いで「とあるトコ」に行くか....

他にもやってみたいコトあるし....むむむ、どうすっかなー....
  1. 2005/06/07(火) 22:54:20|
  2. 道具愛好癖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カシミール3D

当然の成り行きだけど、GPS買って山なりBPに興味持っていれば地図ソフトや地形図ソフトに興味を示すわけで、カシミール3D(以下「カシミール」)に行き着いた。名前と概略機能は以前から知ってたんだけど、純粋な山屋・地形マニアではないワタシは実際に使ってみようとは思わなかった。でも特にBPして実際に歩き回るとPC上で地形を見てみたり、ログを記録したり、画像をリンクしてその地域の風習というか暮らしぶりを記録したいと切に思うわけで、カシミールについて調べてみた。
やや、奥が深い。WEB上でいくらでも解説してあるサイトはあるんだけど、ワタシは古い人間なんで書籍をじっくり読まないと理解が出来ぬ。地図データをかき集めないとイカンという問題もあり、データ付きの書籍を購入。と思ったら、会社の山屋氏も持ってまして。うぬ、無駄な出費であったか?まいっか、たいした金額じゃないし。

で、これを使ってBPのページの地図を作成。やや、楽しい。
ワタシ持ってるGPSがMapsourceに吐いたファイルだとカシミールが直接参照出来ない様子(新しすぎるのか?)だけど、GPSからUSB経由でカシミールへデータ転送してやればちゃんと認識君。なんちゃって登山の結果やこれまで走り回ったり野営したポイントを表示させたりして。ふむふむ、これで私家版野営地マップなーんてモン作って密かにニヤニヤ出来るなぁ。
  1. 2005/06/06(月) 21:34:23|
  2. 興味本位珍評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湖畔ネタ

掲示板で湖畔ネタが盛り上がりそうなんで、まとめてこちらで。

猪苗代湖は付近の火山による泥流がもとで作られたそうでして、浜通りもしくは会津からみるとちと高いトコに位置してる。っていっても、たかだか標高は500メートルちょっと。で、廻りを火山もしくはその残骸(?)で囲まれているんで、湖畔に抜けようとすると登り・峠越えが必須。とはいえ大きな町からそんなに遠くない。
例えば郡山駅から湖畔に抜ける場合、代表的なルートはR49中山峠越えルート。無料キャンプ場の多い湖南に抜けるならK6三森峠越え、ちょっとマニアックに行くと先日私の通った林道経由の御霊櫃峠越え。さらには須賀川から諏訪峠を越えるK67だとか、関東方面からの下道の王道R294勢至堂峠越えと、浜通りからの主要ルートだけで4つ。
会津側からのアクセスでもR49強清水や東山温泉(背あぶり山)-黒森峠経由など、色んなルートがあって、いずれも30キロ程度。標高差はせいぜい600メートル程度とそれ程ではないんで、1日で何とか行ける距離。
ってなワケで、パックパックで行く気になると何度も楽しめる湖畔なワケ。しかも駐車場から遠目なトコならそれ程混んでないのでは、という去年の経験。うーむ、こりゃ通うわ(^^;

また湖畔付近はそこそこ山が迫っててそこそこ林業が盛んなんで、林道もいくつかあるようで。地図見てアタリつけてその一つを走ってみたけど、レポでチラッと紹介した通りそりゃまー凄い眺望。ま、そこまで行く道の途中には熊の絵が書かれてる看板があったりして、そう簡単に野営出来るワケではなさそうだし道もそれなりに崩落アリ。って言っても千葉の某所ほどぢゃ無いし、路面の荒れもフツーの林道並みなんで多分フツーの乗用車でも....あ、その先は自己責任ですから(^^;

とにかく、色々楽しめそうな湖畔、まずはアップダウンの感覚をつかんでから交通費の問題さえクリアすれば、幾通りもの楽しみ方が出来そうなカンジ。

うむ、まずは登りを経験せんとなぁ....
  1. 2005/06/01(水) 22:16:14|
  2. 日常的出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

05| 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。