日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

屋根裏 ベース製作4

 
雨が続いています。地震や台風で被災された方々は大変な日々を送っておられると思います。一方で、この時期に雨が降らないと水不足が懸念されます。アッチを立てればコッチが立たず....人間が生きていくのも大変ですね。

さて、防腐剤を塗装してほったらかしておいた1×4材も乾いてきたようです。や、ホントは「乾いてきた気がする」というのが正解の気もしますが、先日買ってきたスタイロフォームもジャマですし、一気に片付けてしまいましょうか。
まずは580mm幅で700mmと1000mmのベースを組み立て、屋根裏に搬入しました。


もうこのあたりは慣れたモンです。スタイロフォームを切る必要がありますが、現物合わせで切る位置を決め、カッターで切込みを入れるように切っていけば切り口も綺麗に仕上がります。
残るは定尺ベース、材料と工具一式を屋根裏に搬入します。


定尺スタイロフォームを搬入した感覚からするとやはり定尺ベースの搬入はかなり困難で、屋根裏で組むのが最適のようです。今まで組んできたベースと同じ要領で組んでいきます。1つ組んで....


2つ目も組みました。場所が狭い事と天井が低い事から結構苦労しました。腰に負担が掛かるなぁ(^^;


折角ですから想定している通りに並べてみましょうか。


にひひひ、いいかも知れない(^^;
高さ調整が必要な気もするのですが、コレで一段落しました。さーて、ポイントのコントロールを考えなければいけない段階になったようです。屋根裏は暑いし、作業が止まりそうですな(^^;

スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/18(水) 23:52:55|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

屋根裏 ベース製作3

 
台風4号が猛威を振るっていますね。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
この週末、台風が来なければ新潟方面に撮り鉄野営に行こうと思っていたのですが、それも叶わず。ま、土曜日に部下の親族にご不幸があって告別式に出なければいけなかったし、どうも軽いぎっくり腰になったようで痛くてたまらず幕営どころではなかったので何となくウダウダしとります。台風が過ぎ去った今現在も風はあるものの幕営出来ない状態ではありませんが、腰が許してくれないのですよ。トシには勝てませんな。


腰も痛いのですが、見た目ほどハードではないのでゆっくりと屋根裏ベースでも作りましょうか。まずは塗り忘れていた防腐剤の塗装など。昼間はちょっと日が差したりしていたのでちゃちゃっと塗りました。


続いて500mm幅のベース製作君。もう手馴れたモンですよ(^^;


300/400mmモジュール端に取り付けるガイドも防腐剤が乾いたとみなして取り付け君。コレで完成ですね。


乾いたかビミョーですが500mmモジュールにも取り付けてソレも完成としてしまいました。
これらの作業の終盤にタップ1ハコがカラ。約100本入りだそうなのですが、よう使いましたな。2箱買っておいて正解でした。


折角ココまで出来たので屋根裏に搬入君。カミさんにも手伝ってもらってヒーヒーいいながら搬入しました。


にひひ、何となく進んでる気がする....とはいうものの、あとは異型ベース2つと定尺ベースが2つ残っているのでした。定尺ベースはその大きさから屋根裏での作業が必須、暑いだろうなぁ....(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/15(日) 23:34:58|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

屋根裏 ベース製作2

 
防腐剤を塗った1×4材のうち、300mm幅と400mm幅用の材料も臭いが和らいだようです。早く作業したいのでそう思い込んでいるだけかもしれませんが(^^;

搬入に備えて屋根裏も片付けなければいけません。線路が入手できるまではプラレールを広げっぱなしにしておこうと思っていたのですが、見込みがないので片付けました。


引越し用のダンボールがまだいくつか残っていますのでそれを利用君。役に立ちますな。
では昨日ご紹介した200mm幅を完成させましょう。端部にスタイロフォーム沈み込み防止のガイドを取り付けました。


コレで一応完成。や、連結部に配線を通す穴もあけなければ行けないでしょうが、ソレは後回し。後で泣きを見るかな?
早速屋根裏に搬入し、落ち着くべきところに置いてみました。


ふむふむ、なかなかいい鴨(^^;
となると先に進みましょう。300mm幅のベースを作り....


400mm幅のベースも作りました。まだよじれ等は無いようです。意外と強いかも知れんですな。


あ、端部ガイド用角材に防腐剤塗っていないのでした。なかなか完成しませんな(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/07/14(土) 10:59:11|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

屋根裏ベースの検討

昨日からシアワセな幕営が出来る雨が降っています。さーて....と思ったら金曜日に小トラブルがあって仕事が土曜朝イチからにスライド。金曜は早く帰れそうだったのですが、部署内に人事異動するメンバーがいるので急遽有志で送別会をやろうというコトになりました。それなりに気持ち良く呑めましたが幕営はお預け。なかなかうまくいきませんな。それでも夕方には落ち着いたのであとは任せて帰宅君。明るいうちに帰れるだけまだいいか(^^;

さて、屋根裏用ホームは何となく見えてきましたが、ファイントラックの固定はしていません。いくらホーム作っても線路を固定しなければポイントのコードがジャマで走らせるコトもままなりません。固定するためにはベースが必要、というワケで検討開始君。
ユニトラック規格で作りかけている展示用モジュールはベース天板としてベニヤ板を使用しました。コレは関水フレキを使うためコルク道床を敷く関係からベニヤ板にしたのですが、今回は目黒のダンボさんスタイロフォーム天板法を真似てみようかと思います。というのも、今回は
・少しでも軽量化したい
・基本的に道床付き線路を使うため固定できれば良い
・消音効果は高くしたい
という目論見があるのですよ。
天板はスタイロフォームを使うとしても、台枠は木で作った方が良さそうですね。というワケでホームセンターで視察君。車輌収納庫を作った時に利用したパイン集成材だと見てくれが良いのですが重いし高いですな。どこかに展示するワケでもなし、屋根裏でコソコソと愉しむものですから、それなりの強度があって安いモノ....というワケで、1×4材を利用するコトにしました。板厚は19mmですから定尺サイズなら補強が必要でしょうがそれなりの強度はあるはず、高さは88mmですから20mmスタイロフォームを入れても68mmのクリアランスが取れ、配線や簡単な基盤は設置出来るかと思います。

そのベースですが、ざっと考えると
1)定尺スタイロフォームをそのまま使った大きなベース ×2(入口奥側長手方向)
2)長さは定尺で幅を200mm程度に切り詰めたベース ×2(入口手前長手方向)
3)長さは定尺で幅を300mm程度に切り詰めたベース ×1(入口手前短辺方向)
4)長さは定尺で幅を400mm程度に切り詰めたベース ×1(中央付近長手方向)
5)長さは定尺で幅を500mm程度に切り詰めたベース ×1(入口奥側短辺方向)

シッカリ図面を書いていませんが、今のところこんな雰囲気で考えています。


長さが定尺に満たないベースも2つ位必要となりそうですが、それはまた後で考えてもよろしいかと。長さが定尺となると屋根裏で製作しますが、それ程大きくないベースであれば2階で作って搬入出来そうなためです。
ベースは屋根裏部屋で作ろうと思っていますが、作る順序を考えないと大変なコトになりそうです。先に定尺モノ2枚作ってしまうとスペースが狭まり、他のベースを作るスペースが無くなってしまいそうです。先に幅が狭い長尺モノを作っておき、それを片隅に重ねつつ定尺ベースを作るというのが一番作業性がよろしいかと思います。

ここまで構想できたらあとは手を動かすのみですね。準備する板の長さを考えましょう。定尺スタイロフォームは
1820×910mm
です。色々な板の回し方がありますが、あまり長尺を取ろうとすると効率が悪くなりますので、長辺側の木材は1820mmとし、短辺側を延ばす事にしましょう。更に長手方向はそれなりの長さですから、中間部分に2枚ほど補強板を渡しましょうか。この考えのもと1)のベースを作るためには

1820mm×2枚
948mm×2枚
910mm×2枚

以上の1×4材が必要となります。この要領で他のベースも考えていくと必要となる板は

1820mm 4+4+2+2+2 = 14枚
948mm 4枚
910mm 4枚
500mm 2枚
462mm 2枚
400mm 2枚
362mm 2枚
300mm 2枚
262mm 2枚
200mm 4枚
162mm 4枚

以上となります。感覚的ですが上記のほかに
580×700mm
580×1000mm
のベースが必要となりそうです。板は中央補強を1枚として

1000mm 2枚
700mm 2枚
542mm 6枚

でしょうか。更にスタイロフォームを切るにあたってガイド代わりに1860mmと950mm程度の板が2枚ずつあった方がいいかと思います。
ホームセンターを視察すると売っている1×4材の長さは以下の通り。

8ft  2438mm
10ft 3048mm
12ft 3658mm

で、どうやって切るか検討君。

(A)3658×7 → 1820×14 (1枚あたり余剰18mm)
(B)3658×2 → (948+910+542+200+162+500+362)×2(1枚あたり余剰34mm)
(C)3658×2 → (948+910+542+200+162+462+400)×2(1枚あたり余剰34mm)
(D)3658×2 → (1860+542+300)×2(1枚あたり余剰956mm:縦用ガイド)
(E)2438×2 → (1000+700+262)×2(1枚あたり余剰476mm)


1.(A) 3658×7→1820×7
2.(A) 3658×7→1820×7
3.(B,C) 3658×4→948×4
4.(B,C) 3658×4→910×4
5.(B,C) 3658×4→200×4
6.(B,C) 3658×4→162×4
7.(BCD) 3658×6→542×6
8.(B) 3658×2→500×2
9.(B) 3658×2→362×2
10.(C) 3658×2→462×2
11.(C) 3658×2→400×2
12.(D) 3658×2→1860×2
13.(D) 3658×2→300×2
14.(E) 2438×2→1000×2
15.(E) 2438×2→700×2
16.(E) 2438×2→262×2

板(E)はだいぶ余りますが、スタイロフォームを切る時のガイドにも使えそうな長さですね。総合すると

3658mm13枚
2438mm2枚

が必要ですね。

ここまで来たらあとは買うだけですな。というワケでホームセンターへGO!
買ってきたら「家でも建てるのかい」って位の量であります(^^;


屋根裏に上げてしまったら多分下ろす事は無いでしょうから、シッカリと防腐剤を塗っておきたいのですよ。というワケでそのテのモノも買ってきましたよ。タッピングネジも不足しそうなので追加購入君。


防腐剤塗るなんてのはカミさんの方が得意なので頼むコトにしましょう。

え~、長いのは面倒。手伝うだけならいいけど。

何事も思い通りに進みませんな、薄暗くなってきたので今日は諦めました。そのうち時間を見計らって塗るコトにしましょう。

そうそう、ホームセンターではカミさんがミョーなモノ見つけて買ってました。草引きの時に腰が痛くならないように使うのだとか。ガキのオモチャになるのは確実なシロモノですな(^^;


今日はもうネタが無いので画像4枚でオシマイ(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/23(土) 19:24:22|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

屋根裏ホーム 試作

アレもコレも手を出して収拾つかなくなってきているのですが、一つずつ片付けていくしかないですな。先日手掛けた屋根裏ホーム(?)加工を続けましょうか。

まずは高さを確認君。


ちょっと低い気もしますがいいコトにしましょう。小さいモジュールだと細かいトコまで目が行きますが、フル編成対応のモジュールですから細かいコトは気にしない(ヲイ

2mmピッチでスジを入れてコンクリっぽくしようかとも思いましたが....面倒なので省略してとりあえず2ユニットを1セットとして2セット組んでみました。末端はちゃんと処理してませんがね(^^;
2セットあると1456mm、カプラーを考慮しても10輌編成で1350mm強でしょうから、前後50mm程度は空くコトになります。通勤型エンドレスにピッタリのはず、ちょいと並べてみましょうか。アタマの中でストラクチャーを加えちゃってますから、ワタシとしては雰囲気あると思い込んでます。シアワセなヤツ(^^;


あ、ホーム幅はどうかというと....もう少し広い方がいいかも知れませんが、車体が接触するのもイヤなのでこの位でもいいのかも知れません。


高さは....通勤型だとちょっと低過ぎるかもしれません。


ただ、実際はこの位の角度からこの位離れて見ると思うのですよ。あまり違和感が無いように思えるのは気のせいでしょうか?ベンチだとか屋根等を付けていったらそれなりに見えるのではないかと。


さすがに組んだだけで使える状態にはならないようで、もう少し考えなければならないコトもありますが、B4プラ板1枚から10輌用ホームが1つ作れる事が判りました。10輌用ホームはあと2面ありますのでB4 2枚分、16輌用ホーム2面はB4 3枚分使って6ユニット3セットといった感じでしょうか。最外周は走らせるかどうかは別として16輌対応としてやはりB4 3枚分、計8枚のB4プラ板があればいいコトになりそうです。

ひぃーっ、先は長いですな。ボチボチやっていきましょうか(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/22(金) 21:45:29|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

屋根裏ホーム

まだプランが最終決定していないし線路も集まっていないのですが、屋根裏レイアウトも何となくカタチが見えてきました。地上線のホーム周りはほぼ決定、ヤードは適当になんとかなるかと。
というワケでホームを買おうか検討君。え?....高いんですなぁ、ホームって。TOMIXの近代型だと

4009 島式ホームセット(近代型)
4010 島式ホームセット(近代型)延長部

となるのですが、それぞれ1680円と1365円(いずれも定価)です。4009が700mm、4010が280mmなので、

内周の10輌対応のホーム 4009×1+4010×3
外周の16輌対応のホーム 4009×1+4010×6

最外周は勾配区間ですので長大編成はムリ、従って内周と同じとしましょうか。となると4009が3個、4010が12個、上りと下りがあるのでこの倍必要で、〆て42,840円(税込み)、量販店で買っても3諭吉ですな。
では作りますか。ディスプレイ用にホームを作っていますが、ソチラは関水ユニトラック規格です。今回、屋根裏レイアウトはTOMIXファイントラック規格なのでサイズは変わってきます。

材料はタミヤの1tプラ板を使いましょう。B4サイズで257mm×364mmです。


長手方向を生かすとすると257mmをホーム上面・基礎側板・底部補強でシェアするコトになりますね。ファイントラック規格をおさらいすると
・複線間隔 37mm(中心)
・ホーム設置時間隔 55.5mm
・道床幅 18.5mm
となるとホーム設置用道床端間隔は37mmですね。
また、以前測った通り高さはローカル型対面式ホームが12mm、島式ホーム幅が33mmです。ホーム上面は基礎から1mm飛び出させるとすると基礎部分外面幅は31mmになります。複線間隔が37mmですから6mm空いており、外面底部には3mm角材でも貼り付けておけばいいでしょう。ホーム上面高さはローカル型対面式ホームよりも1mm上げた13mmとして基礎高さは12mm、上面として1tプラ板を1枚使えばよろしいかと。
以上まとめると、364mmのホームを作るのに
・基礎側板 12mm×2
・上面 33mm×1
・基礎内部底補強 29mm×少々
・3mm角材2本
以上が必要ですね。B4プラ板1枚から取る場合、
12mm×8
33mm×4
29mm×1
4本分、長さにして1456mmのホームを作れる事になります。約10輌分、8枚で8面って感じですね。タミヤだと2枚入りとなっていますから余裕見ても5セットあれば恐らく大丈夫でしょう。角材は40本あれば足りるでしょうが予備も入れてコチラも5セットとし、プラ板角棒共に5セットとして〆て実質4000円程度でしょうか。ホーム上の小物も作らなければなりませんから時間もかかるしもう少しコストも上がるでしょうが、それでもひと桁違いますし、作る楽しみがありますわな(^^;

というワケでまずはB4プラ板1枚を切り出していきましょう。プラ板を切るのにホットナイフを買ってきてみました。


更にカッティングマットを使うと痛めそうなので300mm×450mm×8.5tのベニヤと押さえるC型クランプも購入。


使ってみましたが....1tプラ板には歯(刃?)が立ちません。力も入れづらいんだよな。もう少し薄いプラ板を加工する時に再度試してみましょうか。C型クランプもあまり使いそうにないし、また使わないモノが増えちゃったかな?
仕方なくこれまで通りアクリルカッター(?)で切る日々....なんとかB4サイズ1枚を切り刻みました。


1ユニット分だけ組み上げ君。3mm角棒はちょっと長いのですね。複数ユニットを連結するのに丁度いい鴨。


高さ確認は....後日やりましょう。

テーマ:鉄道情報 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/20(水) 23:09:37|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

一部延長

土曜に日曜のコトをネタとし、今日は日曜のコトをネタにする....何だかブログらしくない気もしますがまいっか(^^;

昨日は野営の後に買出し君。いえいえ、量販店から電話があったのですよ。
「ご注文頂いていましたモノが入荷いたしました」
ハイハイ、散財しに行きますよ~。

で、ホントに散財してきました(^^;


頼んでいた「水取りセット2」はいいとして、線路まで(^^;
気が付いたら2諭吉ですよ、タマランなぁ。しかもS280の10本セットは在庫ナシ。前回買い占めたのは悪かったけど入れておいて欲しかったよなぁ。かわりに1つしかなかったR541のポイント(右)を買い占めてきました(ヲイ

ちょっとは広げられるはずですから屋根裏に上りましょうか。ちなみに昨日は陽が出ているものの気温はそれ程高くなかったので夕方の屋根裏は耐えられないほどでもありませんでした。
直線不足ですから以前モジュールを作ろうと打ちつけた線路を回収君。


それだけでは足りなくてヤードも分解君。


最外周に分岐を入れてみましたが、ちと気に入りません。やはりR541のポイントを使いたいよなぁ。


内周にもヤードを入れようと分岐させました。コチラは通勤型のヤード、それ程集める気もないので2本もあればいいでしょう。


大人のプラレールは金がかかりますな。まだS280が相当数要りそうです。あったらまた買い占めちゃうのかなぁ....あ、もう金が無いのでした(^^;

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/06/18(月) 21:33:19|
  2. 箱庭的情景集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

09| 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。