日常的戯言也。

08.6より地元食い物屋情報に特化します(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケース

 
昨日アップするつもりですっかり忘れてました。面倒だからそのままアップしちゃえ(^^;

カミさんが朝から用事だというので、今日は子守りを仰せつかわりました。しょうがないのでガキを連れ出してアウトドアショップへGO。


いやね、ステラのケースが破れてきたのですよ。


夏の間は涼しいテントばかり使っていますが、冬や少し天候が悪い時にはやはりステラですね。数えてみると115泊、そろそろ痛んできたようです。ワタシの使っているステラは1つ前のモデルですがケースは現行品と共通、ケースだけの在庫は無いというコトで注文していたのですが、コレを受け取ってきたのでした。ちなみに945円也。
ケースの次に困った問題は雨漏り、ただの大雨ならばムーンライトの方が快適に過ごせますのでソチラで凌ぐのですが、先日の台風の時のように風もあるとやはりステラの方が安心なのですよ。で、ステラを使っていたらボトムがびしょ濡れになっていたのでした。ちょいと確認してみるとシームテープが浮いてるような浮いてないような....コレについて相談したら、

アナタの使用回数・頻度だとシームテープ部分だけでなくボトムのコーティングが傷んでいる可能性がありますから、お預かりして修理した方が良さそうです

ふむ、それじゃネタにならんなぁ。とは言うものの、漏れ箇所は四隅の立体裁断部分の気がしますのでちょっと手に負えないかも知れないのですがね。あ、インナーのスリーブの部分もだいぶ擦り切れてきているのですが....

ソコは修理しようがないのでインナーの交換になりますね。

インナーの生地も多少傷んできているしソレもアリなのかも知れませんがね。
そういえばムーンライトも通常インナーで90泊、メッシュインナーで18泊と合計するといつの間にかステラより張っているコトになりました。フライの一部が破けてしまっているのでコレも相談したところ....

ソレもお預かりして修理した方が良さそうです。

ぶっきらぼうに書いてますが店員の対応は良かったですよ。でも内容はちとツマラン。ムーンライトのリペアキットだけ買って帰ろうとしたら在庫ナシ。結局ステラのケースだけゲットして帰ってきました。


早速収納してみます。


ふむ、コレだよな....と言いつつ、今日の天気だとムーンライトを張るでしょうけど←雨は降ってませんでしたがムーンライト張ってるし(^^;

スポンサーサイト
  1. 2007/11/11(日) 17:12:03|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百スキ(100スキ?)

特に目的も無いのですが、何となくアクセス解析なんてモノを入れてます。以前にも書いた気がしますが、どんなコトバで飛んでくる方がいるかが解るのが便利と言えば便利、先日何気なく眺めていたら最近「百スキ」で飛んでくる方が異常に多いコトに気付きました。最近トレンドなのでしょうか?
何度かネタにもしているのですが、再度ご紹介でも。言うまでも無く百均で売っていて百円で買えるから「百スキ」もしくは「100スキ」。や、最近はちょっと事情が違いますがそれはまた後ほど。

本当は野外で使っている画像を張ればいいのですが、殆どが既にご紹介済み。そんなワケで今使っているモノをウチで並べてみました。


某R氏が「育てている」と称する百スキを見ましたが、「つや消し黒」で表面がザラザラ。単にノーメンテなだけですな。ワタシも決して「育て方」は上手くないと思いますが、適度に黒光りしている姿が正常に育っているカタチかと。ちなみにデカい方がセリアで買った通常サイズの百スキ、小さい方はダイソーの百スキミニであります。
これまた既出ではありますが、複数人で野営キャンプする時は通常サイズ、ソロもしくは自力系の場合はミニサイズが吉。や、ミニサイズとは言えスキレットですから、焼き上がりは通常サイズと遜色ありませんが。



[百スキ(100スキ?)]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/19(月) 22:13:02|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

道具

早いものでもう12月ですね。昨年の12月は年明け後の雪中に備えて毎週北に出掛けていました。今年も相変わらず毎週幕営してはいますが、テン泊数も7月の人事異動のおかげでだいぶ減りました。去年が異常だったのですが、今年はほぼ人並みと思しき80泊程度になりそうな予感です。しかもご存知の通りヌルい近場ばかり。や、それでも楽しいからいいんですけどね。近いと早く帰って模型もいじれるしさ(^^;

さて、模型作りでも道具は重要ですが、野営でも重要であります。ま、暖かい時期であればそれ程気にするコトも無いのですが、これからの時期は地元千葉でもちょっと街中を離れるとすぐに氷点下になります。最悪、テントが無くても寝袋とカバーだけは必須です。
ってな話すると大荷物を連想されるかもしれませんが、たいした荷物ではありません。先日、AIRさんとやり取りしている中で荷物量のイメージがちょっとずれている気がしたので、過去に何度かご紹介していますが改めて「鉄」な方々にもちょいとご紹介。や、ワタシの野営は「撮り鉄」が原点ですから、応用できるのではないかと思うワケです。先日ご紹介したように野営して朝イチから撮り鉄し、また星を見ながら呑む、なーんてのはサイコーの悦びなんです(^^;

「撮り鉄」目的の野営となるとコンデジだけで撮り鉄というコトはまず無くて、撮影機材一式ありますから「自力」もしくは「乗り鉄」ではちとしんどいですね。車で行くのを前提にしましょう。夜は星を見ながらテキトーに呑める装備、となると
・テント
・寝袋+カバー
・マット(テントマット&インフレータブルマット)
・調理道具(コッヘル+ストーブ)
・食器&カップ(シェラカップ+マグカップ+箸)
・ヘッドライト
・イス+テーブル
・ティッシュorトイレットペーパー
・水&食料&酒
これだけあれば十分ですね。1晩過ごして死ぬコトはありません。あとはお好みでラジオだの照明だのカメラを持てばよろしい。ここに挙げた大抵の道具は野営・キャンプのご紹介に出てきてるモノばかりです。
コッヘルとはアウトドア用の「なべ」ですね。大きさにもよりますが、中にガスボンベとストーブ(ガスバーナー)が収納出来るように考えられています。水は2.5L入るポリエチ製容器を使ってますが、慣れてくると2.5Lもあれば2晩は過ごせます。
食料は1人で過ごすなら知れてますね。ついつい買いすぎてしまいますが、うどんだの餅を持っておけば腹持ちもいいし嵩張りません。酒はこの時期ならビール数本と焼酎かバーボンを小さめのペットボトルにでも移せば荷物も小さくなります。スーパーのレジ袋1つで翌朝の朝メシまで入りますね。

行きの姿ではありませんが、帰ってきて車に荷物を積み込む時の状態がコレ。


モスグリーンの袋がテント、コンビニ袋は酒と食材を運んでゴミを持ち帰ってきた袋です。その他上に挙げた道具は総て背負子にくくり付けた黄色いスタッフバッグの中に入っています。あ、テントマット代わりの銀マットは外に挟んでますが。この時はそれ程歩かなかったのでテントを背負子にくくりつけていませんが、歩く距離によって背負子に固定したりもします。

どうでしょう?この程度の道具で一晩みっちりと楽しめます。で、日の出と同時に撮り鉄に勤しんだり日が沈んでも鉄と戯れていたり....1粒で2度も3度も楽しめるので、結構楽しんでいます。さすがに屋外で模型作りまではしないけどな(^^;


さてと、明日のネタも仕込んだし、パッキングも終わったし、そろそろ出掛けますか(^^;

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/12/01(金) 23:12:18|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

張り綱

先日、ムーンライトの無勝手流張り綱について書きましたが、今回は山用テントであるmont-bellステラリッジの話でも。

山用テントはキャンプ用テントと違って自力で一般に風の強い所まで運んで幕営する事が多いため、
・軽い
・風に強い
という特徴があります。耐風性を上げるために背を低くしてしっかりと張り綱を取れるようにする、可能な限りフレームを多くするという構造にしているんですね。張り綱を張らなくてもフツーの風なら問題ありませんが、先日の飛の崩くらいになるとシッカリ張り綱を張らないとテントは暴れるわインナーが寝ている顔に押し当たるわで悪天候を愉しむどころか怖い思いをするコトになるでしょう。オーソドックスな張り方はこんな感じです。


これがスノーフライになると更に強風&雪によるペグの効き悪化を見越し、最も高い部分に張り綱を通すループがあったりします。十字方向に張ってテントを押さえるんですな。
張り綱自体もムーンライトのようにフライから取るのではなく、フレームをしっかりと押さえることが出来るように取れるようになっています。これが無いと強風時にフレームがしなってテントが潰れるのですが、張り綱で補強するととりあえずは居住空間を確保するコトができます。


さてステラに標準で付いている張り綱ですが、芯の無いナイロン製のモノです。


軽いしそれなりに強いのですが、強度的には芯のあるモノの方がいいそうな。そんなワケで、mont-bellで売っているメーター当たり30円のポリプロ製張り綱を使ったりもしています。実は標準添付品が1本行方不明になったので使ってるだけですが(^^;


それなりに強度もあるので、ワタシの場合はミニタープやらツェルトフライにもこの張り綱を使ってます。今のところこの張り綱が切れる程の風には遭遇してません。ってか、そんな時にタープ類は張りませんから(^^;


[張り綱]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/10/12(木) 23:18:53|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百スキ

ダ○ソーをはじめとする百円均一ショップで見かけるスキレットを略して「百スキ」と呼ぶコトがある。大手のダ○ソーでは最近200円で売られているので「二百スキ」と呼ぶ人もいるが、モノはほぼ同じ。以前百スキミニはご紹介したが、重量を気にしなくてもいいお気楽野営やキャンプではより大きくて深い百スキの方が使い勝手はよろしい。

で、ワタシの場合は鶏を焼くコトが多いが、他にも豚バラやベーコンなどを焼いて食うとたまらなく美味である。特に豚バラは炭火で焼くのもアリなのだが、脂が垂れて大抵「火事」になるんですな。豚バラが「燃える」んです。それが百スキで焼くと鶏同様自ら出た脂によって素揚げ状態となる。や、やり過ぎるとカリカリになるので程々に。塩胡椒で食うもよし、焼鳥のタレを付けて食うもよし、美味この上ない。出た脂で茄子なんぞ焼いた日にゃ「秋茄子は嫁に食わすな」状態(^^;


そんな具合で夜に酒の肴作りに活躍した百スキは、翌朝ベーコンブロックやウィンナーなどを焼くのにまた活躍する。コレで焼くと一味違うんだよな。


そんなワケで、我が家のアウトドア調理器として活躍中である。あ、百均ステーキプレートは家でもウィンナー焼くのに使ってマス。


[百スキ]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/09/19(火) 22:14:48|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

を?

見ての通り見事に鉄に寄ってます。や、ラードさんの表現をお借りすると、ワタシもともと「陽性」なので致し方ないものの、見事にハマッてます。たのちいです。
最近大先輩の方と相互リンクなんぞさせていただきました。「10年早い」と言われそうですが、ま、ソレはソレ。

千葉発、「趣味の時間」行き
大型レイアウト建設中のAIRさんのブログです。やー、刺激されます。このページ見なかったら「モジュール作ろうか」なーんて考えは起きなかったような....や、起きたとしても長大編成を走らせるようなコト考えたり、同一形式のすれ違いを考えたりすることは無かったような(^^;

KATOを味わいつくす!
豊富な知識と情報は他の追随を許しません。やー、凄いです。もともと関水好きではありますが、このページ見なかったらこんなに車輌を買い揃えなかったような....や、見なかったら失敗ばかりして無駄な投資がもっと多かったかも(^^;

どちらのブログもワタシにとって目の毒です。従って毎日必ず数回はチェックさせて頂いてます(^^;



....と、また模型ネタを引っ張ると見せかけてアウトドアネタを(^^;
先日のメッシュインナー評でループにポールを通しづらくて立てづらい、なーんて書いたのですが、先日の浮島でふと気付いたコトが....

あれ、ループ部分がミョーに厚い

ひょっとして、と思いってモゾモゾすると....あ、マジックテープ。「立てづらい」は撤回、多分現モデルと遜色ナシ。
いつも暗いトコでゴソゴソしてるからですな。明るいトコでちゃんと使ってやらんとなぁ(^^;


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/09/12(火) 21:06:29|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メッシュインナー



昨日でん助さんからコメントを頂いて、1シーズン使ったらmont-bell ムーンライトメッシュインナーの使用感を書こうと思っていたコトを思い出しました。感じ方は人夫々でしょうし、異なった使用環境ではまた違う評価になるとは思いますが、ワタシの感想をば。


■やっぱり涼しい

入り口と最奥部は防水加工されたパネルも併用されていますが、基本的には全面メッシュなのでやはり涼しいです。特にサイドからそよ風が入ってくると暑い晩でも心地よく過ごせます。フロアボトムは壁面側が立ち上がっている「バスタブ構造」ですが、外側に広げると立ち上がりが低くなるので、フライと地面との隙間から外を見ることも出来ます。物音が気になる時は便利?いや、真っ暗で何も見えないコトも多いですが(^^;
風雨に対しては今年は荒れた気候の中での幕営が無かったので何とも言えません。そよ風程度でもテント内で風を感じられるコト、オリジナルインナー強風時にTADPOLEでは中に砂が入ってきたコトを考えると、風雨に対してはそれ程強くないのではないかと思います。
台風の日にわざわざメッシュテント張りませんか。ってか、フツーの人は台風の日にテント張りませんか(^^;


■ちょっと立てづらいぞ

ワタシが使っているのは05年モデルチェンジ後のムーンライト2型であります。一方でメッシュインナーはモデルチェンジ前、そもそもモデルチェンジ後はメッシュインナーはカタログから姿を消していますね。
モデルチェンジ前後での差なのでしょうが、現行モデルは最上部のゴムで止めている部分を除いてフレームとインナーはフックを引っ掛けるタイプであるのに対し、旧モデルはインナーに縫い付けてあるループにフレームを通す構造になっています。ループにフレームを通すよりもフックで引っ掛ける方が楽なのは確か、ちょっと立てづらく感じます。改良されているのが良く判りますね。


■材質の問題

買った時にmont-bellから「紫外線による変色の可能性」を指摘されました。そのために廃版になったとも聞きました。1シーズン使用した限りにおいては特に目立った変色や劣化はありません。ただ、メッシュ部ではなく入り口と奥の防水パネル(?)部内側がベタついてきているように思います。ココはちと気になりますね。
その他ボトム等はノーマルインナーと変わりない気がします。


■TNF TADPOLEとの比較

思想が違いますから比較するのもオカシイのですが、「キャンプ用」として考えると立てやすさ、居住性共にムーンライトの方が上です。空間の体積も大きいので、ムーンライトの方が涼しく感じます。
一方で急に天候が悪化した時は3本ポール&しっかりと張り綱を取れるTADPOLEは安心感があります。2kg弱と言う軽さも特に自力系活動では有利ですね。ムーンライトは重過ぎます。
総合的に考えると、お気楽キャンプならムーンライト、自力系ならTADPOLEという感じでしょうか。


[メッシュインナー]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/09/06(水) 20:21:50|
  2. 野外系品評会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

かうんたぁ(06.4.28~)


カレンダー

03| 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ぼうず

私的カテゴリー

最新の記事

私的コメントリスト

私的トラックバック

私的月別アーカイブ

私的リンク

=> 詳しくはコチラ をドーゾ。

タグリスト

Nゲージ 野営 GMキット 鉄道 レイアウト 急行 幕営 電機 列車 時刻表 エアガン キャンプ 外道 特急 Nゲージ バックパック 鉄道模型 小湊 JavaScript  東海道本線 ビュッフェ 東海 

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。